2019.09.25

【スタッフコラム】しかまる。の暮らしメモ byしかまる。

『性格はファッションによく表れる』

まだ暑さは残るものの、ときおり吹く風はもう秋の香りを纏いはじめ、私が一番好きな季節になってきました。そんな秋風とともに一足早く衣替えを考え始めてしまう私ですが、秋用のアウターを買おうか悩んでいる間にもう冬が来てしまった…。なんてことが毎年のように続いております。今回はそんな秋の始まりにふさわしく、紅葉に染まった街と登場人物たちのファッションが楽しめる映画『永遠の僕たち』(11)をご紹介いたします。

監督はただいま当館で特集上映中のガス・ヴァン・サント。不治の病に冒された余命3ヶ月の少女・アナベルと、臨死体験をしたことで死に取り憑かれた青年・イーノックの切ない恋が描かれます。この作品は死生観をテーマにしながらも、決して暗い雰囲気はありません。主人公イーノックの恋人アナベルは自分に残された命の短さを受け入れながらも今を楽しく生きる女の子。ダーウィンの本を読んで自然観察をしたり、自分のお葬式のプロデュースを考えたり、たまたま告別式で出会ったイーノックと恋をしたり…。とてもポジティブな女の子なのです。そんな彼女の性格を表すかのようにファッションも赤やオレンジ、黄色など明るい色が多く使われ、お手本にしたい多彩なコーディネートは作品の魅力の一つでもあります。

メインビジュアルに使われているダルメシアン柄のコートに赤い手袋を合わせたコーデは文句なしに可愛いのですが、私が個人的にお気に入りなのは、アナベルが普段よく着ているチェック柄のロングコートです。秋冬のアウターはグリーンやネイビーなどダークトーンが定番ですが、アナベルのコートは明るめのベージュにオレンジのチェック。暖色系でまとめても、差し色に青を入れても可愛い優秀なコートです。作中ではシンプルなトップスとジーンズを合わせるのが多いのですが、ボーイッシュになりがちなコーデもこのコートのおかげでしっかり女の子らしさが残っています。

ちなみにアナベルはお母さんとお姉ちゃんの三人暮らし。どことなく古着っぽいものを上手く組み合わせたコーデは二人のクローゼットから拝借しているのでは…。と同じく姉がいる私は勝手な想像をしてしまいました。そんなお洒落上手なアナベルを参考に今年のアウター探しをしてみようかなと思うしかまる。なのでした。

(しかまる。)