【8/29(土)~9/4(金)】誰にも信じられなかった英雄たち

8/29(土)~9/4(金)上映
リチャード・ジュエル11:0016:50
フォードvsフェラーリ13:4519:35
~22:10

★朝の開場時間⇒10:00
★現在指定席でご案内しております。チケットの販売は窓口のみとなります。受付にお時間がかかることが予想されますので、ご来場の際はお時間に余裕を持ってお越しください。
★そのほか、ご入場システムの変更に関する詳細は、「新型コロナウイルス感染拡大防止の対応について」をお読みください。

リチャード・ジュエル
Richard Jewell

開映時間 11:00 / 16:50
クリント・イーストウッド 監督作品/2019年/アメリカ/131分/DCP

■監督 クリント・イーストウッド
■製作 クリント・イーストウッド/ティム・ムーア/ジェシカ・マイアー/ケビン・ミッシャー/レオナルド・ディカプリオ/ジェニファー・デイヴィソン/ジョナ・ヒル
■原作 マリー・ブレナー
■脚本 ビリー・レイ
■撮影 イヴ・ベランジェ
■編集 ジョエル・コックス
■音楽 アルトゥロ・サンドヴァル

■出演 ポール・ウォルター・ハウザー/サム・ロックウェル/キャシー・ベイツ/ジョン・ハム/オリビア・ワイルド/ニナ・アリアンダ/イアン・ゴメス

■2019年アカデミー賞助演女優賞ノミネート/ゴールデングローブ賞助演女優賞ノミネート ほか多数受賞・ノミネート

■オフィシャルサイト https://wwws.warnerbros.co.jp/richard-jewelljp/

■パンフレット販売未定

© 2019 Warner Bros. Entertainment Inc. All rights reserved.

その日、全国民が敵となった——

1996年、警備員のリチャード・ジュエルは米アトランタのセンテニアル公園で不審なリュックを発見。その中身は、無数の釘が仕込まれたパルプ爆弾だった。事件を未然に防ぎ、一時は英雄視された彼だが、現地の新聞社とテレビ局がリチャードを容疑者であるかのように書き立て、実名報道したことで状況は一変。さらに、FBIの徹底的な捜査、メディアによる連日の過熱報道により、リチャードの人格は全国民の前でおとしめられていった。

そこへ異を唱えるため弁護士のワトソンが立ち上がる。無実を信じ続けるワトソンだが、そこへ立ちはだかるのは、FBIとマスコミ、そしておよそ3億人の人口をかかえるアメリカ全国民だった——。

巨匠イーストウッドがアトランタ爆破事件の真実に迫る、実話サスペンス

『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』『15時17分、パリ行き』『運び屋』と、実話を基に“衝撃の真実”を描いてきた巨匠、クリント・イーストウッド。40本目となる監督最新作『リチャード・ジュエル』は、1996年のアトランタで起きた爆破事件の“真実”を描く問題作。出演は、リチャード役に『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』『ブラック・クランズマン』のポール・ウォルター・ハウザー、母親役に『ミザリー』のキャシー・ベイツ、弁護士ワトソン役にサム・ロックウェル。

果たして「事実」とされた報道の「真実」はどこにあるのか。その先にある人間の尊厳はどこまで保たれるのか。SNSが人々の生活に根付き、姿なき誹謗中傷が蔓延する現代社会。いつでも被害者、あるいは加害者になってもおかしくない混沌とした時代に警鐘を鳴らす切実なテーマを、イーストウッドはふんだんに盛り込みながら普遍的なドラマとして描き出す。

フォードvsフェラーリ
Ford v Ferrari

開映時間 13:45 / 19:35(~終映22:10)
ジェームズ・マンゴールド監督作品/2019年/アメリカ/152分/DCP

■監督 ジェームズ・マンゴールド
■製作 ピーター・チャーニン/ジェンノ・トッピング/ジェームズ・マンゴールド
■脚本 ジェズ・バターワース/ジョン=ヘンリー・バターワース /ジェイソン・ケラー/ジェームズ・マンゴールド
■撮影 フェドン・パパマイケル
■編集 アンドリュー・バックランド/マイケル・マカスカー/ダーク・ウェスターヴェルト
■音楽 マルコ・ベルトラミ/バック・サンダース

■出演 マット・デイモン/クリスチャン・ベール/ジョン・バーンサル/カトリーナ・バルフ/トレイシー・レッツ/ジョシュ・ルーカス/ノア・ジュープ/レモ・ジローネ

■2019年アカデミー賞編集賞・音響(編集)賞受賞/ゴールデングローブ賞男優賞ノミネート その他多数受賞・ノミネート

■オフィシャルサイト http://www.foxmovies-jp.com/fordvsferrari/movie/

■物販情報
・パンフレット(820円)

© 2019 Twentieth Century Fox

フェラーリを倒すため、フォードが選んだのは二人の破天荒な男たちだった。

元レーサーのカー・デザイナー、キャロル・シェルビーのもとに、巨大企業フォードから信じがたいオファーが届く。それはル・マン24時間レースで6連覇中の王者、フェラーリに対抗できる新たなレースカーを開発してほしいとの依頼だった。シェルビーは、そのあまりにも困難な任務に挑むため、型破りなドライバー、ケン・マイルズをチームに招き入れる。

しかし彼らの行く手には、開発におけるメカニックなトラブルにとどまらない幾多の難題が待ち受けていた。それでもレースへの純粋な情熱を共有する男たちは、いつしか固い友情で結ばれ、フェラーリとの決戦の地、ル・マンに乗り込んでいくのだった…。

マット・デイモン×クリスチャン・ベール二大俳優初共演! 絶対王者に立ち向かった男たちの奇跡の物語。

本作は、伝説的な1966年のル・マン24時間レースを題材に、アメリカ最大の自動車メーカー、フォード・モーター社から途方もない仕事を請け負ったふたりの男の実話を描く。メガホンを執ったのは、『17歳のカルテ』『LOGAN/ローガン』など、多彩なジャンルのヒット作を手掛けてきたジェームズ・マンゴールド監督。極限のダイナミズムと豊かな人間味を映画に吹き込み、今の時代に伝えるべき実話をスクリーンに輝かせる。

出演は、天才カー・デザイナーとして歴史にその名を刻むキャロル・シェルビー役に『オデッセイ』のマット・デイモン。ずば抜けたドライビング・テクニックでサーキットを疾走するケン・マイルズ役に『ダークナイト』のクリスチャン・ベイル。この二大実力派スターの初共演が叶ったことも大きな話題となった。