スパイク・リー監督特集

ジャック

スパイク・リー監督の代表作『ドゥ・ザ・ライト・シング』そして最新作である『ブラック・クランズマン』が含んでいる強烈な問題意識は、白人対黒人という構図を大きく飛び越え、各々が持つ無意識化された偏見をあぶり出していきます。

『ドゥ・ザ・ライト・シング』の舞台はブルックリンの黒人が多く住む地区です。イタリア人系のピザ屋、そこで働く黒人の青年、向かいにある韓国人系が営むスーパーなど、街の風景を写していきます。些細な衝突はありながらも、まるで文句を言い合うのが挨拶のようにさえ思えてくるほど、穏やかな空気が流れてるように見えます。様々な登場人物たちの個性を、ノリの良さとユーモアで描いているからこそ、とある街の風情が現れているように思えます。だからこそ、そのバランスが崩れてしまったときのあまりに悲惨な状況に、衝撃を受けてしまうのです。

最新作『ブラック・クランズマン』は、白人至上主義団体KKKに黒人警官が潜入捜査を試みるという、とんでもない物語です。電話越しでは黒人警官が、直接対面は白人警官が担当し捜査を進めていく様子を、コミカルに描いていきます。シビアなテーマでありながら「そんな馬鹿な!」という展開に思わず笑い、潜入時には手に汗握り、かつアクションシーンでは興奮する、素晴らしいエンターテインメント映画です。しかしこの作品に驚くのは、映画という物語の世界から、ふと現実へと連れ戻されるところです。最後に付け加えられた映像に、文字通り目が覚めてしまいます。

軽快さとユーモアに満ちた世界の背後にある「今」の現実。『ドゥ・ザ・ライト・シング』から『ブラック・クランズマン』まで一貫したメッセージを送り続けているスパイク・リー監督の、ウィットに富みながら、どこまでも力強いこの二つの映画は間違いなく傑作なのだと思います。

ドゥ・ザ・ライト・シング
Do the Right Thing

開映時間 ※上映は終了しました
スパイク・リー監督作品/1989年/アメリカ/120分/ブルーレイ/ビスタ

■監督・製作・脚本 スパイク・リー
■撮影 アーネスト・ディッカーソン
■編集 バリー・アレクサンダー・ブラウン
■音楽 ビル・リー

■出演 ダニー・アイエロ/オジー・デイヴィス/ルビー・ディー/リチャード・エドソン/ジャンカルロ・エスポジート/スパイク・リー/ビル・ナン/ジョン・タトゥーロ

■1989年ロサンゼルス映画批評家協会賞最優秀作品賞・監督賞・助演男優賞・作曲賞受賞/ニューヨーク批評家協会賞最優秀男優賞受賞/アカデミー賞助演男優賞・脚本賞ノミネート/カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品 ほか多数受賞・ノミネート

【2019年7月20日から7月26日まで上映】

その夏一番の暑さを記録したブルックリン——住民たちの潜在的な怒りが、ついに爆発する!

ブルックリンのアフリカ系アメリカ人居住区に暮らすムーキーは、イタリア系のサルが経営するピザ屋で配達の仕事をしている。ある日、ムーキーの友人であるパギン・アウトが来店。だが、彼は店の壁にイタリア系有名人の写真ばかり飾っているという理不尽なクレームをつけたために、店を追い出されてしまう。

怒りの収まらないパギンは、店に対するボイコット運動を始めるため、サルにラジカセの音量を注意されたラヒームと結託。20年もの間、街の人々に愛憎を抱きながら暮らしてきたサルと、居住区の若者たちとの間に生じた軋轢が、やがて大事件へと発展していく…。

鬼才スパイク・リーの名を一躍世界に知らしめた衝撃の問題作!

アメリカが抱える数々の重大な社会問題を撮りあげてきた鬼才スパイク・リー監督が、日常に潜む人種偏見という重いテーマを、リズミカルな会話やユーモアと共に描き出し、世界的に評価を受けるきっかけとなった記念碑的作品。公開当時には、「なぜアカデミーにノミネートしないの!」とキム・ベイシンガーに爆弾発言させたのをはじめ、ローリングストーン誌が80年代のベスト10に挙げ、全米のマスコミが賛辞を与えた。全編にみなぎるエネルギーをラストで一気に爆発させる演出は圧巻だ。

テーマ曲として流れるパブリック・エナミーの「ファイト・ザ・パワー」などヒップホップ・ミュージックにもご注目。オリジナル・スコアはスパイクの実父ビル・リーが担当した。

ブラック・クランズマン
BlacKkKlansman

開映時間 ※上映は終了しました
スパイク・リー監督作品/2018年/アメリカ/135分/DCP/シネスコ

■監督・脚本 スパイク・リー
■製作 スパイク・リー/ジェイソン・ブラム/ジョーダン・ピール
■原作 ロン・ストールワース
■撮影 チェイス・アーヴィン
■編集 バリー・アレクサンダー・ブラウン
■音楽 テレンス・ブランチャード

■出演 ジョン・デヴィッド・ワシントン/アダム・ドライバー/ローラ・ハリアー/トファー・グレイス/コーリー・ホーキンズ/ライアン・エッゴールド/ヤスペル・ペーコネン/アシュリー・アトキンソン/ポール・ウォルター・ハウザー/アレック・ボールドウィン

■2018年アカデミー賞脚色賞受賞ほか5部門ノミネート/カンヌ国際映画祭グランプリ受賞/ゴールデングローブ賞作品賞ほか3部門ノミネート ほか多数受賞・ノミネート

©2018 FOCUS FEATURES LLC, ALL RIGHTS RESERVED.

【2019年7月20日から7月26日まで上映】

俺たちが、すべてを暴く

1970年代半ば、コロラドスプリングスの警察署で黒人刑事ロン・ストールワースは、新聞広告に掲載されていた過激な白人至上主義団体KKK<クー・クラックス・クラン>のメンバー募集に電話をかけ、面接まで進んでしまう。騒然とする所内の一同が思うことはひとつ。

KKKに黒人がどうやって会うんだ?

そこで同僚の白人刑事フリップ・ジマーマンに白羽の矢が立つ。電話はロン、直接対面はフリップが担当し、二人で一人の人物を演じることに。任務はKKKの内部調査。果たして、型破りな刑事コンビは大胆不敵な潜入捜査を成し遂げることができるのか―!?

ブラック・パワー炸裂!  スパイク・リー監督待望の最新作は“大胆不敵な実話”!!

『ドゥ・ザ・ライト・シング』、『マルコムX』をはじめ映画史におけるブラック・ムービーの礎を築いてきた名匠スパイク・リー監督が手がけるのは、前代未聞の問題作『ブラック・クランズマン』。監督、脚本、製作のスパイク・リーに加え『セッション』のジェイソン・ブラム、そして『ゲット・アウト』のジョーダン・ピール監督と最強製作陣が名を連ねる。

1979年、街で唯一採用された黒人刑事が白人至上主義の過激派団体KKKに入団し、悪事を暴くという大胆不敵なノンフィクション小説を映像化。人種差別問題が過熱するアメリカを背景にKKKへの潜入捜査をコミカルかつ軽快なタッチで描きながらも時に実話である緊張感を交え、観るものに強烈なメッセージを残すリアル・クライム・エンターテインメントが誕生した!!

無鉄砲で怖いもの知らずの黒人刑事ロン・ストールワースを演じるのは名優デンゼル・ワシントンを実父にもつジョン・デヴィッド・ワシントン。ロンの相棒となる白人刑事フリップ・ジマーマンを『沈黙 -サイレンス-』『パターソン』のアダム・ドライバーが演じる。スパイク・リーは本作でアカデミー賞脚色賞を受賞。悲願の初オスカー受賞となった。