toppic

ウディ・アレン

1935年、ニューヨーク州ブルックリン生まれ。ユダヤ系の家庭で生まれ育ち、映画、ジャズ、コミック、手品に傾倒しつつ、高校在学中にギャグ・ライターとしてデビュー。その後もライター、放送作家の仕事をこなし、1960年からはスタンダップ・コメディアンとして活躍した。

1965年、脚本も手がけたクライヴ・ドナー監督作品『何かいいことないか子猫チャン』(65)で映画俳優として、翌年『What's Up, Tiger Lily?』(66/未)で監督としてデビューを果たす。 その後も『スリーパー』(73)などのシュールでスラップスティックな喜劇を次々と世に送り出し、1977年には当時の恋人だったダイアン・キートンを共演相手に迎え、都会的に洗練されたラブ・ストーリー『アニー・ホール』(77)を発表。同作品でアカデミー賞主要4部門を受賞し、アメリカを代表する映画作家のひとりとして認知されていった。

1980年代には私生活のパートナー、ミア・ファローと組み、珠玉のラブ・ファンタジー『カイロの紫のバラ』(85)、アカデミー賞8部門の候補となった『ハンナとその姉妹』(86)などを発表。円熟期というべき1990年代に入ってからも『夫たち、妻たち』(92)、『ブロードウェイと銃弾』(94)などの多彩な快作を連打した。

2000年代もほぼ年に1本の創作ペースを保ち、ニューヨークからイギリスに拠点を移した官能的なサスペンス劇『マッチポイント』(05)で新境地を開拓。近年も『それでも恋するバルセロナ』(08)、『人生万歳!』(09)といった作品に、皮肉とユーモアに満ちた独特の人生観を反映させ、新たなファンを獲得し続けている。

『ミッドナイト・イン・パリ』(11)で25年ぶりの作品賞を含むアカデミー賞4部門にノミネートされ、見事に脚本賞を受賞。日本を含む世界各国で大ヒットを記録し、新たな絶頂期の到来を印象づけた。最新作は故国へと戻り、初めて西海岸のサンフランシスコを舞台にしたケイト・ブランシェット、アレック・ボールドウィン出演の『ブルージャスミン』(13)。

filmography

・何かいいことないか子猫チャン('65)脚本/出演
・What's Up, Tiger Lily?('66) <未>脚本/監督
・007/カジノ・ロワイヤル('67)出演
・水は危険・ハイジャック珍道中('69)<未>原作
・泥棒野郎('69)脚本/監督/出演
・ウディ・アレンのバナナ('71)<未>脚本/監督/出演
・ボギー!俺も男だ('72)脚本/出演
・ウディ・アレンの誰でも知りたがっているくせにちょっと聞きにくいSEXのすべてについて教えましょう('72)脚本/監督/出演
・スリーパー('73)脚本/監督/出演/音楽
・ウディ・アレンの愛と死('75)<未> 脚本/監督/出演
・ウディ・アレンのザ・フロント('76)<未> 出演
アニー・ホール('77)脚本/監督/出演
・インテリア('78)脚本/監督
マンハッタン('79)脚本/監督/出演
・スターダスト・メモリー('80年)脚本/監督/出演
・サマー・ナイト('82)脚本/監督/出演
・カメレオンマン('83)脚本/監督/出演
・ブロードウェイのダニー・ローズ('84)脚本/監督/出演
・カイロの紫のバラ('85) 脚本/監督
・ハンナとその姉妹('86)脚本/監督/出演
・ラジオ・デイズ('87)脚本/監督
・セプテンバー('87)脚本/監督
・ゴダールのリア王('87)出演
・私の中のもうひとりの私('89)脚本/監督
・ニューヨーク・ストーリー('89)脚本/監督/出演
・ウディ・アレンの重罪と軽罪('89)脚本/監督/出演
・アリス('90)脚本/監督
・結婚記念日('91)出演
・ウディ・アレンの影と霧('92) 脚本/監督/出演
・夫たち、妻たち('92)脚本/監督/出演
マンハッタン殺人ミステリー('93)脚本/監督/出演
・トラブルボックス/恋とスパイと大作戦('94)<TVM>脚本/監督/出演
・ブロードウェイと銃弾('95)脚本/監督
誘惑のアフロディーテ('96) 脚本/監督/出演
・世界中がアイ・ラヴ・ユー('97) 脚本/監督/出演
地球は女で回ってる('97)脚本/監督/出演
・インポスターズ ('98)<未>出演
・セレブリティ('98) 脚本/監督
・アンツ('98)声の出演
・ワイルド・マン・ブルース('97)出演
ギター弾きの恋('99)脚本/監督/出演
・CIAの男('00)<未>出演
おいしい生活('00)脚本/監督/出演
・ヴァージン・ハンド('00)出演
スコルピオンの恋まじない('01)脚本/監督/出演
・さよなら、さよならハリウッド('02)脚本/監督/出演
・僕のニューヨークライフ('03)脚本/監督/出演
・メリンダとメリンダ('04)脚本/監督
・マッチポイント('05)脚本/監督
タロットカード殺人事件('06)脚本/監督/出演
ウディ・アレンの夢と犯罪('07)脚本/監督
それでも恋するバルセロナ('08)脚本/監督
・人生万歳! ('09)脚本/監督
・恋のロンドン狂騒曲('10)脚本/監督
ミッドナイト・イン・パリ('11)脚本/監督
・映画と恋とウディ・アレン('11)出演
・ローマでアモーレ('12)脚本/監督/出演
・ブルージャスミン('13)脚本/監督


映画を観る時に、物語がよくできていて、撮影が上手で、しかも素敵な人たちが出演してたらほとんど文句はない。ウディ・アレンの映画には、あまりにもシンプルでいて、そんなありえないような道理が当てはまってしまう。インディペンデント作家として作品を長年作り続けてきた彼にしか分からないようなコツがそこにはあるのだろうか。

新作が公開されるたびに、ウディ・アレンの映画を観ている。でもウディ・アレンの新作は年に1本はある。歳を取るごとに、映画を観る全体数は落ちていったとしても、ウディ・アレンの映画はなんだか、とりあえず…観ておくか、という気分にさせる。結果的にウディ・アレンの映画ばかり観ているなんてこともあり得るかもしれない。

ちょっと待てよ。
というよりも、映画の観客たちはここ何十年も、毎年定期的に供給されるウディ・アレンの新作を待機した状態で生きている。つまりそれは、1960年代半ばにウディ・アレンが世に姿を現してから、全く変わらない人類の営みにさえなっているのではないか。じつに、約50年ものあいだ!? とんでもないことだ。

どんなに疲れていても、どんなに頭がパンクしそうでも、ウディ・アレンの映画は受け入れてくれる。ちょっとした娯楽への飢えや、世の中への憧れ、また人生への懐古主義みたいなものをまっさかさまにして、観客を非日常的な位相に軽やかにダイヴさせてしまう。

そして夢中になれば笑われて、正しくなれば間違えさせられ、信じれば裏切られて、ひとつところには落ち付けず、人をあっという間に真っ裸の宙吊りにしてしまう。かりそめの体験とは言え、そんな瞬間を、われわれ観客は知らず知らずのうちに望んでいるということなのだろうか。しかしそのとおり。まさにウディ・アレンは僕らの欲望を知りつくしているがゆえに、いまだに映画界の魔術師として健在なのである。

あぁ何をいまさら、ウディ・アレンを頑張って紹介する必要なんてあるだろうか。なにしろ、人類の営みだ。最新のスター俳優たちの見本市だ。ウディ・アレンの脚本には我ら現代人の私的生活と、心理の襞が嫌というほど書き込まれている。じゃあウディ・アレンが映画を撮ってきたこの50年の間に何が人類に起こったか。それをウディ・アレンは描いたか? その問いはナンセンスだ。だって、ウディ・アレンは社会派でもなんでもない。じゃあ何派? シティ派? いいえ。ウディ・アレンは友達です。

―愛を込めて (ぽっけ)


title1

pic恋のロンドン狂騒曲
(2010年 アメリカ/スペイン 98分 dcp ビスタ)
2013年11月30日から12月6日まで上映

■監督・脚本 ウディ・アレン
■撮影 ヴィルモス・ジグモンド
■編集 アリサ・レプセルター
■ナレーター ザック・オース

■出演 アントニオ・バンデラス/ジョシュ・ブローリン/アンソニー・ホプキンス/ジェマ・ジョーンズ/フリーダ・ピント/ルーシー・パンチ/ナオミ・ワッツ/ロジャー・アシュトン=グリフィス/ポーリーン・コリンズ/アンナ・フリエル/ユエン・ブレムナー

■オフィシャルサイト http://koino-london.jp/

懲りない大人が
“恋の幻想”にとらわれて
寄ると触ると大騒ぎ!

picある夜突然、死の恐怖に襲われたアルフィは、それ以来若返りの特訓に励み、挙げ句の果てには妻を捨て、金髪のコールガールを恋人にする始末。一方長年連れ添った夫に去られ、茫然自失のヘレナは、占い師のインチキ予言だけが心の拠り所に。そんな折、アルフィ&ヘレナの娘サリーと、一発屋作家ロイとの夫婦関係にも危機が勃発。サリーは勤務先のギャラリー・オーナーのグレッグに胸ときめかせ、ロイは自宅の窓越しに見かけた赤い服の美女・ディアの虜になっていく…。

腹がよじれるほどの滑稽さと、切なさと、
辛辣な皮肉たっぷりのウディ節が炸裂!
国際都市ロンドンで繰り広げられる軽妙洒脱なラブ・コメディ!

pic米アカデミー脚本賞に輝いた『ミッドナイト・イン・パリ』の世界的ヒットも記憶に新しいウディ・アレン監督。そんな彼がロンドンを舞台に書き上げた本作は、世代の異なる2組の夫婦の結婚生活が破綻し、あれよあれよという間に“4つの恋”へと枝分かれしていくラブ・コメディだ。

毎回トップスターが集合する出演陣は今回も例に漏れず豪華。口ゲンカが絶えない夫婦サリー&ロイには、『愛する人』のナオミ・ワッツと『ノーカントリー』のジョシュ・ブローリン。アルフィ&ヘレナの波乱に満ちた行く末を演じるのは、名優アンソニー・ホプキンスとジェマ・ジョーンズだ。いずれ劣らぬ4人の演技巧者が爆笑の台詞の応酬で魅せる、幸せのありかを探すほど愚かな過ちを重ねてしまう男と女の運命。そして、それを意のままに軽妙かつ残酷に操ってみせるアレン監督の至芸は、もはや全能の神のごとし! その円熟の語り口に誰もが魅了されずにいられない。



title

picローマでアモーレ
(2012年 アメリカ/イタリア/スペイン 111分 dcp ビスタ)
2013年11月30日から12月6日まで上映

■監督・脚本・出演 ウディ・アレン
■撮影 ダリウス・コンジ
■編集 アリサ・レプセルター

■出演 アレック・ボールドウィン/ロベルト・ベニーニ/ペネロペ・クルス/ジュディ・デイヴィス/ジェシー・アイゼンバーグ/グレタ・ガーウィグ/エレン・ペイジ/アントニオ・アルバネーゼ/ファビオ・アルミリアート/アレッサンドラ・マストロナルディ/オルネラ・ムーティ/フラヴィオ・パレンティ/アリソン・ピル/リッカルド・スカマルチョ/アレッサンドロ・ティベリ

■オフィシャルサイト http://romadeamore.jp/

すべての愛(アモーレ)はローマに通ず

pic恋愛小説さながらにローマっ子のイケメンと婚約した娘のもとへ、アメリカから飛んできた元オペラ演出家。恋人の親友である小悪魔な女優の虜になってしまう建築家の卵。田舎から上京した純朴な新婚カップルの宿泊先になぜか現れたセクシー爆弾なコールガール。ある日突然、大勢のパパラッチに囲まれ、大スターに祭り上げられた平凡な中年男…。

同時進行する4つのとびきり愉しくて陽気なエピソード――陽光きらめくイタリアの古都ローマを舞台に、天才監督がいつにも増して突き抜けたユーモアを連発する!

観光名所とオペラに彩られ、
全編これイタリア尽くし!
豪華キャストが魅せる
笑いと幸福感に満ちた至福のコメディ

pic幾多の名作の舞台になってきたローマの魅力をあますところなくスケッチしようと試みたアレンは、現地オールロケを敢行。コロッセオ、トレヴィの泉、ヴェネツィア広場、スペイン階段、ボルゲーゼ公園といったゴージャスな名所を盛り込んで、観る者の目を喜ばせるばかりか、気分をもリフレッシュさせ、ローマへの観光旅行に連れ出してくれる。出演陣は今回もとびきり豪華。アレン本人が久しぶりに自作に出演しているのも見所だ。

そしてオペラ発祥の地たるイタリアにちなんだサプライズにも注目したい。世界的テノール歌手ファビオ・アルミリアートが、“奇跡の歌声を持つ葬儀屋”という意表を突いた役で登場。しかし、その実力はシャワー室のみで発揮されるから一大事! オペラ演出家に扮するアレンが仕掛けた“まさかの”オペラとは?! 「ただ散歩しているだけでも驚くような街だ」と評するローマの熱気に触発されたアレンが、ふらりと訪れたすべての観客を理屈抜きの笑いと幸福感でもてなす傑作ラブ・コメディを生み出した。



このページのトップへ