10/3(土)・4(日)上映
テリー・ギリアムのドン・キホーテ12:1517:15
デッド・ドント・ダイ10:0015:0020:00
~21:45
10/5(月)~9(金)上映
テリー・ギリアムのドン・キホーテ11:2016:25
デッド・ドント・ダイ14:0519:10
~21:00

★現在指定席でご案内しております。チケットの販売は窓口のみとなります。受付にお時間がかかることが予想されますので、ご来場の際はお時間に余裕を持ってお越しください。
★初回のみ、開映時刻の40分前からチケットを販売いたします。2回目以降のチケット販売時刻は、各回その直前の回が始まってからとなります(レイトショーなど特別興行を除く)。
★二本立て上映のため、混雑した場合は2本目からはご入場いただけない場合がございます。ご来場の際はご注意ください。
★そのほか、ご入場システムの変更に関する詳細は、「新型コロナウイルス感染拡大防止の対応について」をお読みください。

テリー・ギリアムのドン・キホーテ
The Man Who Killed Don Quixote

開映時間 【10/3(土)・4(日)】12:15 / 17:15 【10/5(月)~9(金)】11:20 / 16:25
テリー・ギリアム監督作品/2018年/スペイン・ベルギー・フランス・イギリス・ポルトガル/133分/DCP

■監督 テリー・ギリアム
■脚本 テリー・ギリアム/トニー・グリゾーニ
■撮影 ニコラ・ペコリーニ
■編集 レスリー・ウォーカー/テレサ・フォント
■音楽 ロケ・バニョス

■出演 アダム・ドライバー/ジョナサン・プライス/ステラン・スカルスガルド/オルガ・キュリレンコ/ジョアナ・リベイロ/オスカル・ハエナダ/ジェイソン・ワトキンス/セルジ・ロペス/ロッシ・デ・パルマ/ホビク・ケウチケリアン/ジョルディ・モリャ 

■第71回カンヌ国際映画祭クロージング作品

■オフィシャルサイト(CineRack作品ページ)  https://cinerack.jp/donquixote/

■パンフレット販売未定

© 2017 Tornasol Films, Carisco Producciones AIE, Kinology, Entre Chien et Loup, Ukbar Filmes, El Hombre Que Mató a Don Quijote A.I.E., Tornasol SLU

映画が、全てを狂わせる

仕事への情熱を失くしたCM監督のトビーは、スペインの田舎で撮影中のある日、謎めいた男からDVDを渡される。偶然か運命か、それはトビーが学生時代に監督し、賞に輝いた映画『ドン・キホーテを殺した男』だった。舞台となった村が程近いと知ったトビーはバイクを飛ばすが、映画のせいで人々は変わり果てていた。ドン・キホーテを演じた靴職人の老人は、自分は本物の騎士だと信じ込み、清楚な少女だったアンジェリカは女優になると村を飛び出したのだ。トビーのことを忠実な従者のサンチョだと思い込んだ老人は、無理やりトビーを引き連れて、大冒険の旅へと出発するのだが──。

カンヌ絶賛! 30年の時を経て、鬼才が映画史上最も呪われた企画を完成!

『未来世紀ブラジル』『12モンキーズ』『Dr.パルナサスの鏡』と、唯一無二の世界観を誇る作品を世に送り出してきたテリー・ギリアム。本作は、映画史にその名を刻み続ける鬼才が、30年間も挑み続けた、スペインの傑作古典小説「ドン・キホーテ」映画化プロジェクトだ。

ヨーロッパ最大規模の莫大な製作費が集められ、2000年にクランクインするも、自然災害を皮切りに、ドン・キホーテ役が次々に腰痛や病に倒れ、主役が幾度も交代。さらに資金破綻と9回の頓挫を繰り返した。だが、ギリアム監督の「最後は夢を諦めない者が勝つ」という高らかな宣言のもと、ついに完成を迎えた。

出演は、『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』のアダム・ドライバー、『天才作家の妻 40年目の真実』のジョナサン・プライス、『007/慰めの報酬』のオルガ・キュリレンコ。自らをドン・キホーテと信じる<夢に生きる>男と、かつての才能と情熱を失い、<現実に生きる>若手監督の、壮大な遍歴の旅が今、幕を開ける!

デッド・ドント・ダイ
The Dead Don't Die

開映時間 【10/3(土)・4(日)】10:00 / 15:00 / 20:00(~終映21:45) 【10/5(月)~9(金)】14:05 / 19:10(~終映21:00)
ジム・ジャームッシュ監督作品/2019年/スウェーデン・アメリカ/104分/DCP/R15+

■監督・脚本 ジム・ジャームッシュ
■撮影 フレデリック・エルムズ
■編集 アフォンソ・ゴンサルヴェス
■音楽 スクワール
■オリジナル曲 スタージル・シンプソン

■出演 ビル・マーレイ/アダム・ドライバー/ティルダ・スウィントン/クロエ・セヴィニー/ スティーヴ・ブシェミ/ ダニー・グローヴァー/ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ/ロージー・ペレス/イギー・ポップ/サラ・ドライヴァー/RZA/セレーナ・ゴメス/キャロル・ケイン/トム・ウェイツ

■第72回カンヌ国際映画祭オープニング作品

■オフィシャルサイト https://longride.jp/the-dead-dont-die/

■物販情報
・パンフレット(820円)

© 2019 Image Eleven Productions,Inc. All Rights Reserved.

あなたは死んだら“何ゾンビ?” 今夜、最強のゾンビたちが目を覚ます

警察官が3人しかいないアメリカの田舎町センターヴィルで、前代未聞の怪事件が発生した。無残に内臓を食いちぎられた女性ふたりの変死体がダイナーで発見されたのだ。困惑しながら出動した警察署長クリフと巡査ロニーは、奇妙な住民が暮らす町をパトロールするうちに、墓地で何かが地中から這い出したような穴ぼこを発見。折しも、センターヴィルでは夜になっても太陽がなかなか沈まず、スマホや時計が壊れ、動物たちが失踪する異常現象が続発していた。

やがてロニーの不吉な予感は的中し、無数の死者たちがむくむくと蘇って、唖然とする地元民に噛みつき始める。銃やナタを手にしたクリフとロニーは「頭を殺れ!」を合言葉に、いくら倒してもわき出てくるゾンビとの激闘に身を投じるが、彼らの行く手にはさらなる衝撃の光景が待ち受けていた…。

鬼才ジム・ジャームッシュ最新作は愛すべきオンリー・ワンの“ゾンビ・コメディ”

『ストレンジャー・ザン・パラダイス』『コーヒー&シガレッツ』『パターソン』など、世界中の映画人から愛される米インディペンデント映画の巨匠ジム・ジャームッシュの最新作は、何と“まさか”のゾンビ映画だった!

かつて『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』でヴァンパイア映画への偏愛を示したジャームッシュは、気心の知れた熟練スタッフと豪華キャストのファミリーを招集し、本格的なゾンビ映画の創造に挑戦。その“超”がつく話題作『デッド・ドント・ダイ』は、奇想天外なまでにユーモラスな生ける屍たちがうようよと現れ、血しぶきならぬ人間のおかしみがあふれ出す一作となった。

主演は『パターソン』に続く出演のアダム・ドライバーと、ジャームッシュ映画常連のビル・マーレイ。ほかティルダ・スウィントン、クロエ・セヴィニー、スティーブ・ブシェミ、セレーナ・ゴメス、イギー・ポップ、トム・ウェイツら曲者たちがセンターヴィルの風変わりな住民に扮している。「頭を殺れ!(KILL THE HEAD!)」を合言葉に、アダムがライトセーバーならぬナタでばったばったと群がるゾンビを斬り捨てる驚愕シーンも炸裂。誰も観たことのない、愛すべきオンリーワンのゾンビ・コメディ・ムービーが完成した。