toppic

pic俳優ヒース・レジャー死去の雷電に打たれた2人の魔術師。かたや、ヒース・レジャー才気渙発となる『ダークナイト』、そのジョーカー役に抜擢したクリストファー・ノーラン監督。かたや、『ブラザーズ・グリム』で親友となってから、本作『Dr.パルナサスの鏡』の撮影中に彼を亡くすという不幸にみまわれたテリー・ギリアム監督。これから故人とますますの名コンビになったであろうそれぞれの監督が、今「イマジナリウム」早稲田松竹で相見えたわけです。

さぁ彼らが開く夢の扉。開くだけではない。閉じる(あ、こりゃあたりまえ)。飲みこむ、ねじこむ、ひねりあげる。入り込んだらなかなか外へ出してくれないのが、こういうものの常識です。二度と抜け出すことのできない欲望の彼方へと引きずりこまれて、無限に続く夢の迷宮を彷徨い続ける男たち女たち。あぁ欲深くならなければホントにこんなことにならなかったのになぁ…なんて嘆いても、もう遅いのです。

人間心理の謎。構造複雑な夢の世界です。一筋縄ではいきません。出てくる連中も一癖も二癖もある選び抜かれた美男、美女揃い。しかしこのお顔も皆さまが見ているうちに刻一刻と歪んでみえてくるに違いありません。愛憎の極端に引き裂かれた者、心の空洞はカラカラと、肉体だけが踊る人形のような者たちの姿が浮き彫りとなって参ります。

pic鏡の中、夢の中に広がる小宇宙多面体。さらに二重、三重と深まってくる夢現の世界。観ているこっちもなにがなんだがわからなくなってしまって、気がつけば映画の中。なんてことになって、そちらの世界に飲み込まれまいと私どもも必死の攻防を繰り広げるわけです。しかし、ふぅ疲れたなんて言っても、観終わった後に残るこの冒険のスリルと、旅を終えた安心感はなんとも言えぬもの。どれ、また行ってみようかなんて思ったら「イマジナリウム」の思うがままに違いありません。

全て幸福の少なからん日常を忘れ、夢に住処を求め奔走するのも世が世なら大うつけ。そんでもあたしゃ夢みたい!そんな全ての“業突く張り”様たちに贈りましょう。『インセプション』×『Dr.パルナサスの鏡』クリストファー・ノーラン×テリー・ギリアム、映像の魔術師たちのドリームマッチ!!まもなく開幕いたします!!

(ぽっけ)

Dr.パルナサスの鏡
The Imaginarium of Doctor Parnassus
(2009年 イギリス・カナダ 124分 PG-12 ビスタ/SRD) 2011年1月8日から1月14日まで上映 ■監督・脚本 テリー・ギリアム
■脚本 ニコラ・ペコリーニ
■原案 ジュヌヴィエーヴ・クリュニ
■撮影 ニコラ・ペコリーニ
■音楽 マイケル・ダナ/ジェフ・ダナ

■出演  ヒース・レジャー/クリストファー・プラマー/ジョニー・デップ/ジュード・ロウ/コリン・ファレル/リリー・コール

■オフィシャルサイト http://www.parnassus.jp/

鏡の中は、わがままな願望がいっぱい
この迷宮から、大切な人を救えるのか―?

pic2007年、ロンドン。パルナサス博士が率いる旅芸人の一座が、街にやって来た。博士の出し物は、人が密かに心に隠し持つ欲望の世界を、鏡の向こうで形にして見せる「イマジナリウム」。博士の鏡をくぐりぬけると、そこにはどんな願いも叶う摩訶不思議な迷宮が待っている。

しかし、1000歳になるという博士には、悲しい秘密があった。それは、たった一人の娘を、彼女が16歳になったときに引き渡すという悪魔との約束。途方にくれる博士の前に、記憶喪失の青年・トニーが現れる。商売の才能があるトニーを一座に加え、博士は鏡の迷宮で最後の賭けに出ようとするが…。果たして彼らは、娘を守ることができるのか?謎の青年・トニーの正体とは?タイムリミットは3日後、娘の誕生日が目前に迫る!

ジョニー・デップ、コリン・ファレル、ジュード・ロウ
3人の熱い思いが、ヒース・レジャーの夢を引き継いだ――
華麗なる鏡の迷宮へ!

女は女である『ダークナイト』で故人としては史上2人目となるアカデミー賞を受賞したヒース・レジャー。彼の遺作となった『Dr.パルナサスの鏡』は、撮影中にヒースが急死したことで、映画自体の完成が危ぶまれ世界的な注目を集めた。その窮地を救ったのは、彼の親友であり、テリー・ギリアム監督の圧倒的な才能を信頼するジョニー・デップ、ジュード・ロウ、コリン・ファレルの3人。

彼らが、現実と鏡の世界を変幻自在に行き来する青年トニーを “4人1役”で演じることにより、イマジネーションあふれる鏡の世界が誕生、監督が描きたかったテーマがより浮き彫りになった。さらに『スウィーニー・トッド フリート街の悪魔の理髪師』で美術を務めたデイヴ・ウォーレンの比類なき世界観が加わり、鬼才テリー・ギリアムの想像をも超える壮大で感動的なエンタテインメントが誕生した!


このページのトップへ
line

インセプション
INCEPTION
(2010年 アメリカ 148分 シネスコ/SRD) 2011年1月8日から1月14日まで上映 ■監督・脚本 クリストファー・ノーラン
■撮影 ウォーリー・フィスター
■音楽 ハンス・ジマー

■出演 レオナルド・ディカプリオ/渡辺謙/ジョセフ・ゴードン=レヴィット/マリオン・コティヤール/エレン・ペイジ/トム・ハーディ/ディリープ・ラオ

■オフィシャルサイト http://wwws.warnerbros.co.jp/inception/dvd/)

この世で最も価値のあるもの――それは<アイデア>。

他人の夢の中に潜入してカタチになる前のアイデアを盗み出す企業スパイが活躍する時代。コブは、この危険な犯罪分野で世界屈指の才能を持つ男。しかし、今や国際指名手配犯として、またこの世を去った妻モルの殺害容疑者として逃亡の身となってしまい、大切なものすべてを失うこととなっていた。

picそんなコブに、サイトーと名乗る男からある依頼が舞い込む。成功すれば、再び幸せな人生を取り戻すことができる。しかしその依頼とは、これまでのように盗み出すのではなく、ターゲットの潜在意識にあるアイデアを植え付ける“インセプション”というものだった。かつてない危険なミッションと自覚しながらも、これが最後の仕事と引き受けたコブは最高のスペシャリスト集団で立ち向かうべく、すぐさまメンバー探しを開始。やがて、相棒のアーサー、“設計士”のアリアドネ、“偽造士”のイームス、“調合師”のユスフ、そしてサイトーを加えたメンバー6人でターゲット、ロバートの夢の中に潜入するコブだったが…。。

ハリウッド最高峰!
天才監督クリストファー・ノーランが仕掛ける
すべての常識を覆す衝撃!

空前の大ヒット作『ダークナイト』でセンセーションを巻き起こしたクリストファー・ノーラン監督が自ら書き下ろしたオリジナル脚本を、レオナルド・ディカプリオ、渡辺謙はじめ豪華キャストを起用し、壮大なスケールで映画化したSFクライム・アクション超大作。

相手の夢の中に入り込み、潜在意識の中の価値あるアイデアを盗み出す一流産業スパイの男を主人公に、彼と彼のスペシャリスト集団が夢の中で繰り広げる最後にして最も危険なミッションの行方を、複雑かつ巧みなストーリー展開と驚異の映像で描き出していく。


このページのトップへ