フェイスブック
ツイッター
今週の混雑案内
english
top

ジョエル&イーサン・コーエン

アメリカ、ミネソタ州出身。大学教授の両親のもとに生まれた、兄のジョエル(1954年生れ)と弟のイーサン(1957年生れ)の兄弟。監督、脚本、製作、編集など、共同で映画製作に携わっている。

処女作『ブラッド・シンプル』('84)が絶賛され、『バートンフィンク』('91)でカンヌ国際映画祭パルム・ドール、監督賞、男優賞をトリプル受賞。国際的に高い評価を受けた。カンヌでの監督賞はその後『ファーゴ』('96)と『バーバー』('01)で計3回も受賞している。

『ノーカントリー』('07)はアカデミー賞作品賞をはじめ主要4部門に輝き、名実共に地位を不動のものにする。『トゥルー・グリット』('10)でもアカデミー賞主要10部門にノミネート、コーエン兄弟最大のヒット作となった。

今後ますます活躍が期待される現代アメリカを代表する監督である。

filmography

・ブラッド・シンプル('84)
・XYZマーダーズ('85/脚本のみ)
・赤ちゃん泥棒('87)
・ミラーズ・クロッシング('90)
・バートン・フィンク('91)
未来は今('94)
・ファーゴ('96)
・ビッグ・リボウスキ('98)
・ブラッドシンプル ザ・スリラー('99)
・オー・ブラザー!('00)
・バーバー('01)
・ディボース・ショウ('03)
・バッドサンタ('03/製作総指揮のみ)
・レディ・キラーズ('04)
パリ、ジュテーム('06/オムニバス)
・それぞれのシネマ('07/オムニバス)
ノーカントリー('07)
・バーン・アフター・リーディング('08)
シリアスマン('09)
トゥルー・グリット('10)
・モネ・ゲーム('12/脚本のみ)
・インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌('13)

今週は才能溢れる皮肉屋兄弟ジョエル&イーサン・コーエン監督特集!
第54回カンヌ国際映画祭で監督賞を受賞した『バーバー』と、
昨年の同映画祭でグランプリに輝いた
『インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌』の二本立て。

「なぜあなた方は、自分たちの映画の登場人物をいじめるのが好きなんですか?」

『シリアスマン』のインタビューでのこの質問に、彼らはこう答えた。

ジョエル「良いことより、悪いことが起きるほうが、
より面白いストーリーのネタになるんだよ。悪いことの方が、
別のことにつながっていくんだよね。ストーリーがダイナミックになるんだ。
僕らはそのことを愉しんでいるんだよ。」

イーサン「誰かに悪いことが起きるというのがコメディの常套手段だ。
誰かの不幸っていうのは他人にとっては滑稽だからね。」

コーエン兄弟作品で主人公たちの多くは皆、ツイていない。
偶然という運命のイタズラによって人生を翻弄され、必死にもがき続ける。
そしてその行動がさらに、想像もしていなかった結末を呼んでしまうのだ。
喜劇でも悲劇でも、それがコーエン兄弟のセオリーだ。

『バーバー』の主人公・エドは無口で真面目な普通の男だ。
人生を変えたくて起こした小さな行動は、周りの人たちを巻き込み、
彼の願いとは全く違う結末をまねいてしまう。
この作品ほどコーエン兄弟の悲劇の典型がわかりやすい作品もないと思う。

最新作『インサイド・ルーウィン・デイヴィス』の
主人公・ルーウィンも、同じくツイていない。
一文無しの彼は、知り合いの家を転々と移る。それ故に色々な厄介事に巻き込まれる。
ただ、この作品が一味違うのは、ルーウィンに実在のモデルがいることだ。
だからかこの作品はこれまで以上に、時代を描くことに焦点が置かれている。
1960年頃のNYの風景が細かく描写され、
まるでその時代の瞬間を切り取ったドキュメンタリーの様だ。
同様に、前作『トゥルー・グリット』でも、
彼らのシニカル的要素は綿密に練りこまれつつ、
西部劇そのものを描くことに焦点が置かれていた。

コーエン兄弟の作風が少しずつ変化しているのだろうか?
いやしかし、身の毛もよだつ犯罪スリラー『ノーカントリー』の後に、
オバカすぎるブラック・コメディ『バーン・アフター・リーディング』や、
平凡な男の転落劇『シリアスマン』を撮った彼らである。
その才能にただただ翻弄させられているだけなのかもしれない。
次回作はなんと、スピルバーグ監督の新作の脚本を担当、
さらにスカーレット・ヨハンソン主演のコメディを撮るとのこと。
多彩な彼らのこれからに、目が離せない。

(スタンド)


バーバー
THE MAN WHO WASN'T THERE
(2001年 アメリカ/イギリス 116分 35mm ビスタ/SRD) pic 2014年10月11日から10月17日まで上映
■監督・脚本 ジョエル・コーエン
■製作・脚本 イーサン・コーエン
■撮影 ロジャー・ディーキンズ
■編集 ロデリック・ジェインズ/トリシア・クーク
■音楽 カーター・バーウェル

■出演 ビリー・ボブ・ソーントン/フランシス・マクドーマンド/マイケル・バダルコ/ジェームズ・ガンドルフィーニ/キャサリン・ボロウィッツ/ジョン・ポリト/スカーレット・ヨハンソン/リチャード・ジェンキンス/トニー・シャルーブ/アダム・アレクシ=モール

■2001年カンヌ国際映画祭最優秀監督賞受賞/LA批評家協会賞撮影賞受賞/英国アカデミー賞撮影賞受賞

髪型を変えるように
少しだけ人生を変えたい

pic1949年夏、北カリフォルニア、サンタ・ローザ。エド・クレインは義兄の経営する理髪店で働く床屋。妻ドリスはデパートの帳簿係で、店のオーナーであるデイヴと深い関係にあるようだ…。ある日、理髪店に見知らぬセールスマンが現れる。男はベンチャー・ビジネスの契約でこの町にやってきたが、相手の都合で話がパアになったとぼやく。“ドライクリーニング”――資金1万ドルの、まったく新しい清潔産業。「これで俺の人生は変わるのか?」

早速エドは不倫をネタにデイヴに金を要求する。しかし、そのちょっとした恐喝は様々な悪夢を巻き起こし、事態は思いもよらぬ方向へ…。

可笑しく、哀しく。
『ファーゴ』『オー・ブラザー!』に続く
コーエン兄弟の忘れられない傑作。

picデビュー作『ブラッドシンプル』以来、常に新しい分野の作品を世に送り続け、笑いと幸福感いっぱいの冒険物語『オー・ブラザー!』が世界的大ヒットを記録したコーエン兄弟。全編モノクロームで撮られた9本目となる『バーバー』は、それまでのどの作品よりも“コーエン兄弟の実態”を浮き彫りにし、人生の滑稽さ、哀しさ、不思議さ、そして愛しさを描き出している。国民の誰もがアメリカン・ドリームを夢見ていた1949年のカリフォルニアを舞台に、コーエン兄弟がこだわり抜いた光と影は、古き良きアメリカの空気感をダイレクトに伝え、色のない世界ゆえの奥行きがイマジネーションを刺激する。

主人公の無口な床屋エドには、監督・脚本家・俳優・歌手と多彩な才能を持つビリー・ボブ・ソーントン。妻ドリスをフランシス・マクドーマンド、ドリスの不倫相手となるデイヴをジェームズ・ガンドルフィーニが演じる。また当時若手女優の注目株であったスカーレット・ヨハンソンも堂々とした演技をみせている。

このページのトップへ
line

インサイド・ルーウィン・デイヴィス 名もなき男の歌
INSIDE LLEWYN DAVIS
(2013年 アメリカ 104分 DCP ビスタ) pic 2014年10月11日から10月17日まで上映
■監督・製作・脚本 ジョエル・コーエン/イーサン・コーエン
■製作 スコット・ルーディン
■撮影 ブリュノ・デルボネル
■編集 ロデリック・ジェインズ
■エグゼクティブ音楽プロデューサー T・ボーン・バーネット
■アシスタント音楽プロデューサー マーカス・マムフォード

■出演 オスカー・アイザック/キャリー・マリガン/ジョン・グッドマン/ギャレット・ヘドランド/ジャスティン・ティンバーレイク/F・マーレイ・エイブラハム/スターク・サンズ/アダム・ドライバー

■2013年カンヌ国際映画祭グランプリ受賞/2014年全米映画批評家協会賞作品賞・監督賞・主演男優賞・撮影賞受賞 ほか多数受賞・ノミネート

■オフィシャルサイト http://insidellewyndavis.jp/

1961年 NY グリニッジ・ヴィレッジ
人生の相棒は、猫とギター
名もなきシンガーの1週間の物語

pic1961年、NYのグリニッジ・ヴィレッジ。フォーク・シンガーのルーウィン・デイヴィスは、最近何をやっても裏目に出てばかり。一文無しで知り合いの家を泊まり歩く日々。つい手を出した女友達からは妊娠したことを告げられ、おまけに仕方なく預かるはめになった猫にも振り回される始末。山積みになったトラブルから逃げ出すようにルーウィンはギターと猫を抱えて人生を見つめ直す旅に出る…。

カンヌ国際映画祭グランプリ受賞!
映画を彩るフォーク・ソングの名曲の数々
オスカー・アイザックの奇跡の歌声に心が震える

picルーウィン・デイヴィスのモデルはボブ・ディランが憧れた伝説のフォーク・シンガー、デイヴ・ヴァン・ロンク。フォーク・ブーム前夜のニューヨークで、何度も夢を諦めかけながらも懸命に生きるルーウィンの日々を、ヴァン・ロンクの回想録をベースにコーエン兄弟が自由に脚色。ユニークな語り口と美しい映像で描き出し、見事カンヌ国際映画祭でグランプリに輝いた。

ツキに見放されながらも人々を魅了する歌声を持ったルーウィンを演じるのは、映画初主演となる本作で一躍脚光を浴びたオスカー・アイザック。劇中のライブ・シーンをすべて吹き替えなしの生録音で挑み、観る者の心を揺さぶる見事なギター・プレイと歌声を披露している。共演には『ソーシャル・ネットワーク』のジャスティン・ティンバーレイク、『華麗なるギャツビー』のキャリー・マリガン、コーエン作品常連のジョン・グッドマン。さらに各誌で絶賛されたルーウィンの相棒・トラ猫ユリシーズの名演も本作の見所である。

このページのトップへ