12/18(土)~12/24(金)上映
イン・ザ・ハイツ12:2517:40
サマー・オブ・ソウル10:0015:1520:30
~22:30

★現在指定席でご案内しております。チケットの販売は窓口のみとなります。受付にお時間がかかることが予想されますので、ご来場の際はお時間に余裕を持ってお越しください。
★初回のみ、開映時刻の40分前からチケットを販売いたします。2回目以降のチケット販売時刻は、各回その直前の回が始まってからとなります(レイトショーなど特別興行を除く)。
★二本立て上映のため、混雑した場合は2本目からはご入場いただけない場合がございます。ご来場の際はご注意ください。
★そのほか、ご入場システムの変更に関する詳細は、「新型コロナウイルス感染拡大防止の対応について」をお読みください。

イン・ザ・ハイツ
In the Heights

開映時間 12:25 / 17:40
ジョン・M・チュウ監督作品/2021年/アメリカ/143分/DCP

■監督 ジョン・M・チュウ
■原作・製作・作詞・作曲・音楽 リン=マニュエル・ミランダ
■脚本 キアラ・アレグリア・ヒューディーズ
■撮影 アリス・ブルックス
■編集 マイロン・カースタイン

■出演 アンソニー・ラモス/コーリー・ホーキンズ/レスリー・グレイス/メリッサ・バレラ/オルガ・メレディス/ジミー・スミッツ

■物販情報
・パンフレット(900円)

■オフィシャルサイト
https://wwws.warnerbros.co.jp/intheheights-movie.jp/

©2020 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved

逆境に立ち向かう人々と、夢に踏み出す若者たち。NY、片隅の街から今の世界に響き渡る魂の歌!

ニューヨーク・“ワシントン・ハイツ”は、いつも音楽が流れる、実在する移民の街。その街で育ったウスナビ、ヴァネッサ、ニーナ、ベニーはつまずきながらも自分の夢に踏み出そうとしていた。ある時、街の住人たちに住む場所を追われる危機が訪れる。これまでも様々な困難に見舞われてきた彼らは今回も立ち上がるが――。突如起こった大停電の夜、街の住人達そしてウスナビたちの運命が大きく動き出す。

ミュージカル「ハミルトン」で社会現象を巻き起こしたリン=マニュエル・ミランダの処女作にして出世作「イン・ザ・ハイツ」。トニー賞4冠とグラミー賞ミュージカルアルバム賞を受賞した傑作ミュージカルが、ついに映画化! プエルトリコ系移民の息子であるリン=マニュエル・ミランダは自身の宝物でもあるこの物語を、原案のみならず製作、作詞・作曲まで担当する力の入れようでプロデュース。監督に抜擢されたのはキャストがオールアジア人にも関わらず全米で大ヒットを記録した『クレイジー・リッチ!』のジョン・M・チュウ。まさに今一番注目されるヒットメーカーの2人が、ミュージカル史上最高にダイナミックで情熱的なミュージカルで世界に新しい旋風を巻き起こす。

キャストには「ハミルトン」に出演し一役有名となったアンソニー・ラモス、『ストレイト・アウタ・コンプトン』『ブラック・クランズマン』のコーリー・ホーキンズ、シンガーソングライターのレスリー・グレイスら勢いのある若手が集結。キャストはほぼ全員ラティーノが選ばれているところにも製作陣の熱い気合が感じられる。

ラテンのリズムと躍動感あるヒップホップの詞、建物の外壁で垂直に踊るアッと驚くダンスシーンや、人々が一斉にプールや路上でダンスする躍動感あふれるダンスシーン。そして夢をあきらめないすべての人達の背中を推す力強いメッセージが観客に勇気を呼び起こす――。

サマー・オブ・ソウル(あるいは、革命がテレビ放映されなかった時)
Summer of Soul (...Or, When the Revolution Could Not Be Televised)

開映時間 10:00 / 15:15 / 20:30(~終映22:30)
アミール・“クエストラブ”・トンプソン監督作品/2021年/アメリカ/118分/DCP

■監督・製作総指揮 アミール・“クエストラブ”・トンプソン
■製作 ジョゼフ・パテル/ロバート・フィヴォレント/デイヴィッド・ダイナースタイン
■撮影 ショーン・ピーターズ
■編集 ジョシュア・L・ピアソン
■音楽監修 ランドール・ポスター

■出演 スティーヴィー・ワンダー/B.B.キング/ザ・フィフス・ディメンション/ステイプル・シンガーズ/マヘリア・ジャクソン/ハービー・マン/デヴィッド・ラフィン/グラディス・ナイト・アンド・ザ・ピップス/スライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーン/モンゴ・サンタマリア/ソニー・シャーロック/アビー・リンカーン/マックス・ローチ/ヒュー・マセケラ/ニーナ・シモン

■2021年サンダンス映画祭ドキュメンタリー部門審査員大賞・観客賞受賞

■パンフレット販売なし

■オフィシャルサイト
https://searchlightpictures.jp/movie/summerofsoul.html

50年間封印されていた音楽フェスの頂点、ついに解禁!

ウッドストックと同じ1969年の夏、160キロ離れた場所で、もう一つの歴史的フェスティバルが開催されていた。30万人以上が参加したこの夏のコンサートシリーズの名は、“ハーレム・カルチャラル・フェスティバル”。このイベントの模様は撮影されていたが、映像素材はその後約50年も地下室に埋もれたままになっていた。誰の目にも留まることなく――今日この日まで…

才気に満ち溢れた若きスティーヴィー・ワンダーの勇姿、1年前に非業の死を遂げたキング牧師に捧げる、ゴスペルの女王マヘリア・ジャクソンとメイヴィス・ステイプルズの、会場を異次元に導く歴史的熱唱、ウッドストックでもベスト・アクトの一つと称された当時人気絶頂のスライ・アンド・ザ・ファミリー・ストーンの圧巻のパフォーマンス、そして後世に語り継がれ、聴くものの人生を変えたニーナ・シモンのメッセージ…この約50年間、ほぼ完全に未公開だったことが信じられない、音楽の頂点を極めた貴重すぎる全てのシーンがハイライトと言える。この2021年に世に出るべくして出た、今年最も心躍り、感動的かつ重要な、時空を超えた最高のドキュメント!

監督は初監督となるクエストラブ。「ザ・ルーツ」のドラマー/DJとして世界的人気を誇り、5度のグラミー賞を受賞。映画『ソウルフル・ワールド』では声優としても活躍している他、料理や食にまつわる書籍を出版するなど、各方面で多彩な才能をみせるヒップホップ界の最重要人物だ。そんな彼の入魂の作品である本作は、本年度サンダンス映画祭W受賞を成し遂げ、映画監督として輝かしいデビューを飾った。