7/9(土)~7/15(金)上映
ジョーカー10:3016:25
ザ・バットマン13:0018:55
~21:55

★現在指定席でご案内しております。チケットの販売は窓口のみとなります。受付にお時間がかかることが予想されますので、ご来場の際はお時間に余裕を持ってお越しください。
★初回のみ、開映時刻の40分前からチケットを販売いたします。2回目以降のチケット販売時刻は、各回その直前の回が始まってからとなります(レイトショーなど特別興行を除く)。
★二本立て上映のため、混雑した場合は2本目からはご入場いただけない場合がございます。ご来場の際はご注意ください。
★そのほか、ご入場システムの変更に関する詳細は、「新型コロナウイルス感染拡大防止の対応について」をお読みください。

ジョーカー
Joker

開映時間 10:30 / 16:25
トッド・フィリップス監督作品/2019年/アメリカ/122分/DCP/R15+

■監督 トッド・フィリップス
■脚本 トッド・フィリップス/スコット・シルヴァー
■製作 トッド・フィリップス/ブラッドリー・クーパー/エマ・ティリンジャー・コスコフ
■製作総指揮 マイケル・E・ウスラン/ウォルター・ハマダ/アーロン・L・ギルバート/ジョセフ・ガーナー/リチャード・バラッタ/ブルース・バーマン
■撮影 ローレンス・シャー
■編集 ジェフ・グロス
■音楽 ヒドゥル・グドナドッティル

■出演 ホアキン・フェニックス/ロバート・デ・ニーロ/ザジー・ビーツ/フランセス・コンロイ/ビル・キャンプ/シェー・ウィガム/ブレット・カレン/グレン・フレシュラー/リー・ギル

■第92回アカデミー賞主演男優賞・作曲賞受賞/
第77回 ゴールデングローブ賞最優秀主演男優賞・最優秀作曲賞受賞/第76回 ベネチア国際映画祭金獅子賞受賞 ほか多数受賞・ノミネート

■物販情報
・パンフレット(価格未定)

■オフィシャルサイト
http://wwws.warnerbros.co.jp/jokermovie/

©2019 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM &©DC Comics

本当の悪は笑顔の中にある

「どんな時も笑顔で人々を楽しませなさい」という母の言葉を胸にコメディアンを夢見る、孤独だが心優しいアーサー。都会の片隅でピエロメイクの大道芸人をしながら母を助け、同じアパートに住むソフィーに秘かな好意を抱いている。笑いのある人生は素晴らしいと信じ、どん底から抜け出そうともがくアーサーはなぜ、狂気あふれる<悪のカリスマ>ジョーカーに変貌したのか?

最も強く、最も残酷なヴィラン、ジョーカーの誕生を描く衝撃作!

DC作品内において最も有名なヴィランと言えば"バットマン"のライバル、"ジョーカー"。本作はジョーカー誕生の理由に焦点を当てた完全オリジナルストーリー。監督は『ハングオーバー!』シリーズのトッド・フィリップス。弱者に無関心な社会に見捨てられた男の内面を描きだす。第76回ヴェネツィア国際映画祭でアメコミ作品史上初の金獅子賞(最高賞)を受賞する快挙を成し遂げた。

ヒース・レジャー、ジャック・ニコルソン、ジャレット・レト、これまで歴代アカデミー賞俳優が演じてきた悪のカリスマ――"ジョーカー”役に挑戦したのは『ドント・ウォーリー』『インヒアレント・ヴァイス』のホアキン・フェニックス。本作では見事、アカデミー賞主演男優賞を受賞した。共演は『キング・オブ・コメディ』『タクシードライバー』の名優ロバート・デ・ニーロ。『デッドプール2』『ルーシー・イン・ザ・スカイ』のザジー・ビーツ、『パワー・オブ・ザ・ドッグ』『メイド・イン・マンハッタン』のフランセス・コンロイらが名を連ねる。

THE BATMAN-ザ・バットマン-
The Batman

開映時間 13:00 / 18:55(~終映21:55)
マット・リーヴス監督作品/2022年/アメリカ/176分/DCP

■監督 マット・リーヴス
■脚本 マット・リーヴス/ピーター・クレイグ
■製作 ディラン・クラーク/マット・リーヴス
■製作総指揮 マイケル・E・ウスラン/ウォルター・ハマダ/シャンタル・ノン・ヴォ/サイモン・エマニュエル
■撮影 グレイグ・フレイザー 
■編集 ウィリアム・ホイ/タイラー・ネルソン
■音楽 マイケル・ジアッキノ

■出演 ロバート・パティンソン/ゾーイ・クラヴィッツ/ポール・ダノ/コリン・ファレル/ジェフリー・ライト/ジョン・タトゥーロ/ピーター・サースガード/アンディ・サーキス

■物販情報
・パンフレット(900円)

■オフィシャルサイト
https://wwws.warnerbros.co.jp/thebatman-movie/

©2022 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved TM & © DC

マスクに隠された「嘘」を暴け。

優しくもミステリアスな青年ブルース。両親殺害の復讐を誓い、悪と敵対する存在”バットマン”になって2年が過ぎた。ある日、権力者を標的とした連続殺人事件が発生。犯人を名乗るリドラーは、犯行の際に必ず“なぞなぞ”を残していく。警察や世界一の名探偵でもあるブルースを挑発する史上最狂の知能犯リドラーが残した最後のメッセージは――「次の犠牲者はバットマン」。

狂気と感情が爆発する謎解きサスペンス・アクション! DCのダークヒーロー バットマンの新たな物語が幕を開ける!

クリストファー・ノーラン監督が手掛けた『ダークナイト』トリロジーなどで知られるDCの人気キャラクターのバットマンを主役に描くサスペンスアクション。青年ブルース・ウェインがバットマンになろうとしていく姿と、社会に蔓延する嘘を暴いていく知能犯リドラーによってブルースの人間としての本性がむき出しにされていく様を描く。

『TENET テネット』のロバート・パティンソンが新たにブルース・ウェイン/バットマンを演じ、キャット・ウーマン役にゾーイ・クラヴィッツ、リドラー役にポール・ダノ、ペンギン役にコリン・ファレルなど、豪華キャストが集結。メガホンをとるのは『猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)』『モールス』などのマット・リーヴス監督。「これまでのバットマンの中でも最もエモーショナルになる」と語るリーヴス監督が最大スケールのアクションと最高危険度の謎解きゲームで世界の嘘をあぶりだす。