2021.02.10

【スタッフコラム】わたしのランチ byもっさ

早い!安い!旨い!「プネウマカレー」

ランチタイム(いわゆるお昼休憩)って、過ごし方は人それぞれだと思うのですが、私は食べるだけで終わるのはちょっと寂しく感じてしまうのです。もちろん、お店にいてゆっくり過ごしたいときもありますが、ご飯はサッと終えてカフェに移動したい…なんて時もありますよね。そんなとき頭に思い浮かぶのは、早くて、安くて、旨い、「プネウマカレー」です!

「プネウマカレー」はカウンター7席くらいの小さなお店です。2017年7月のオープン当初から通っているのが密かな自慢。開店当時、まだBGMもなく、無音の中で食べたのが印象的でした。寡黙な店主のおじさまと、お手伝いに来ていた(であろう)おじさまと、カウンターに私一人…うふふ。そんな中でお店の定番チキンカレーと向き合う時間は、オープンしたてのお店への期待感と、今まで出会ったことのないタイプのカレーへの驚きとで、私史上唯一無二の集中力半端ないカレータイムとなりました。(ちなみに数日後にはラジオがかかりましたよ!)

銀のプレートに平らにライスを盛り、そしてカレーをオン。この2工程であっという間に、シュッと提供されます。出汁には日本一のイリコの産地・伊吹島産のアンチョビを使用しており、それが独特な旨味を演出しているのです。私の大好きポイントはチキンのサイズ。ルーの中で煮ほどけちゃったのか、小さめカットなのか…とにかく一口大と小ぶりなため、最後までキチンとチキンを味わうことができるのです。小さいとはいえ、とても柔らかくってジューシーで、コクのあるスパイシーなルーと絶妙にマッチ! アンチョビとチキンの最強にして最高のタッグと言えるのではないでしょうか。今風に言うなれば、「これしか勝たん」案件です。

基本的にメニューはこのチキンカレー(580円)一択。トッピングはゆで卵、チーズ、ひよこ豆ピクルス(各50円)があります。衝撃を受けたのはチーズで、他のお客様が注文した際にガスバーナーが目に入りました。そうです、カレーの上の炙りチーズなんです! 店内にチーズの焦げた香りが広がり、その場にいた全員が「チーズトッピングすればよかったぁぁぁ!」と心の中で叫んでいたことでしょう。そして、あまりにも「ひよこ豆」をたのんでいる方が多いため、遅ればせながら私もチャレンジ。すると、なんということでしょう! ただでさえ風味豊かなチキンカレーにこのピクルスの酸味が加わり絶妙なハーモニーを奏でるのです。この組み合わせ、マーベラス!

以前は日替わり(木・金)でビーフカレーを出していましたが、最近は特製辛口チキンカレー(1日15食限定)に変わっています。私はまだ辛口チキンは食べていないので、近々チャレンジする予定です。味はもちろんですが、私はプネウマ公式ツイッターのファンでもあり、店主のつぶやきをひそかな楽しみにしております。

あぁ~、食べたくなってきました。今日のランチはここで決まり!

(もっさ)