2020.02.26

【スタッフコラム】わたしのランチ

「シャンティ」でスープカレー

たびたび公言しておりますが、わたくし、生まれも育ちも札幌です。美味しいお店が沢山ある街ですが「おススメのお店教えて」と聞かれると、いつも返答に困ってしまいます。地元の流行りのお店なんてほとんど知らないのです。スープカレーが全国的に流行りだした頃、「札幌が発祥だよね?」と聞かれて「え?何それ?」と驚いた私にびっくりした友人の顔が忘れられません。そんなこんなで今回は札幌に想いを馳せて、「スープカレー 高田馬場」の検索で一番に出てきたお店「シャンティ」をご紹介いたします。

正直、カレーと言ったらドロドロ派の私にとって、スープカレーは「シャバシャバカレーを更に薄めたスープ」というイメージで全く興味がありませんでした。それがこの度「シャンティ」に通い始めて、あっという間にスープカレー好きに転身です。スープカレーはインド・ネパール料理をベースに、札幌で誕生した日本のオリジナルカレー料理。元祖のお店ではもともと薬膳カレーとして考案され、その当時(1971年)は具のないスープにごはんを添えただけでした。スープのダシに使った野菜や鶏肉を捨てていたら、常連さんから「捨てるなら食べさせて」との声があり具を入れるようになったそうです。うぅん、調べれば調べるほど、興味がでるでる、スープカレー。

さて、ここ「シャンティ」でも20種類以上のスパイスが調合され薬膳効果の高いヘルシースープがいただけます。さっぱりヘルシーだけどしっかりとコクがあり、なんとも癖になる味! そしてシャンティ名物と言えよう、器から大胆にはみ出す骨付きチキンレッグは、スプーンでいとも簡単にほぐれるほどよ~く煮込まれ、ホロッホロ。それがスープとうまい具合に絡み合い、口の中でほどけてゆく…この心地よさは、なかなか他では味わえない!(あくまでもっさ基準。)

さらに、忘れてならないのが平日ランチの無料トッピング! 初めて行ったとき、私は悩んだ挙句カボチャをチョイス。しかし、恒例の隣の人が何食べているのかチェックで後悔することに。その日、満席だった店内のほぼ全員がコロッケを選んでいるではないですか! そのビジュアルは特徴的で、別皿でもスープにインでもなく、ライスにドン!(その姿は近日HPにて。)二度目の来店で早速注文。外はさくさく、中はおイモがねっとりで超~わたし好みのコロッケでした。【これを選べば間違いないトッピング】認定です。

基本のスープは“オリジナルスープ”と“サイゴンスープ”の2種類。新参者の私はまだオリジナルスープにしか手を出しておりませんが、先日のお隣さんは、サイゴンスープに春雨をトッピング。これがとても美味しそうだったので、今度チャレンジしようと思います。お店は早稲田松竹から徒歩10分ほど(高田馬場駅から5分ほど)。休憩時間に行くにはちょっぴり遠いのですが、往復20分かけてでも行きたくなってしまう魅惑の味。まさか地元の名物の美味しさを、高田馬場で思い知るとは…。皆さまも、ぜひ!

あぁ~、食べたくなってきました。今日のランチはここで決まり!

(もっさ)