2019.07.31

【スタッフコラム】日々是好日(ときどき鉱石) byちゅんこ

突然ですが、皆さま金平糖はお好きですか? 見た目はかわいいけど、一粒か二粒食べれば満足してしまう、私にとって金平糖はそんな存在でした。京都「緑寿庵清水」さんの金平糖に出会うまでは…。

緑寿庵清水さんの金平糖は少しだけ変わっています。例えば巨峰の金平糖は巨峰の皮で色付けし、果肉が入っているので巨峰そのものを感じることができます。苺の金平糖は苺の粒々が表面につくほど贅沢に使ってあって、まるで苺をそのまま食べているみたいです。初めてこのお店の金平糖を食べたときに、金平糖ってこんなにおいしかったんだと衝撃を受けたのを覚えています。

緑寿庵清水さんの商品の中で、ごくわずかな量しか作ることができず、毎年キャンセル待ちが出るものがあります。その名もずばり「究極の金平糖」です。季節ごとの商品が販売されているのですが、日本酒の金平糖や、ブランデーの金平糖、チョコレートの金平糖まであって、そんなものまで金平糖になっちゃうの!? と驚いてしまいます。その中でも私が気になったのは7月限定の「梅酒」の金平糖です。

なんでも、熱を加えると飛んでしまうアルコールを使った金平糖を作るのはとても難しいらしく、まさに職人の技が必要です。定番の砂糖の金平糖でもあんなに驚きだったのに、一体どれだけおいしいのだろうと期待に胸を膨らませた私は、さっそく緑寿庵清水さんに電話をかけました。その年の予約分は終了していたので、翌年の分を注文し、待つこと一年、ついにその金平糖が届きました。

さてそのお味は…、と言いたいところですが、貧乏性の私はせっかく届いた金平糖になかなか手をつけることができずに、もったいなくてついには友人にあげてしまいました。そのとき味見だけでもと食べさせてくれた金平糖がおいしくて忘れられず、再度注文して、更に待つこと一年、先日ようやく手元に届きました(一体何をしているのでしょうね…)。

涼しげなガラスの徳利に入った金平糖は桐箱に収められており、見るからに高級感が漂います。一口含むなり、口中に広がるさっぱりとした梅酒の甘味は、まさに至福そのもの。冷蔵庫で冷たく冷やして、カリカリといただいたらもうたまりません。今回大切な友人への分も一緒に注文をしたので、よろこんでもらえるといいな。

(京都「緑寿庵清水」さんHP→http://www.konpeito.co.jp/shouhin.html

(ちゅんこ)