フェイスブック
ツイッター
今週の混雑案内
english
top

1919年 ドイツとフランス/1940年 ロンドン
今週の上映作品は、どちらも戦時を舞台にした物語です。

戦死した婚約者の友達だったと名乗る男が現れたことから
残された女性の運命が転がり始める『婚約者の友人』
国民を勇気付けるプロパガンダ映画の製作に抜擢された
女性脚本家と仲間たちの奮闘を描いた『人生はシネマティック!』

両作品には銃撃戦や激しい爆撃などはあまり出てきません。
また、あからさまな反戦メッセージを掲げた映画でもありません。
仕事があり、家族がいて、切ない恋愛をする。
描かれるのは多くの人たちが経験する当たり前の人生のドラマです。
でもそれが戦争という、普通が普通でない時代だったら?
戦地には行っていない女性たちが関わった戦争。
彼女たちは混沌の時をどう生き、どう感じていたのでしょう。

そしてまた、このふたつの作品は、
「嘘」についての物語でもあります。

「芸術もまた嘘、つまり苦しみを何とか和らげようとする挑戦なんだ。
だがそれは気高い嘘であり、仮の嘘であり、
私たちを生きやすくするための嘘だ。」
――フランソワ・オゾン『婚約者の友人』パンフレットより

嘘をつくのはいけないこと。
けれど、多くの悲しみや苦しみが蔓延していた時代、
その記憶を隠したり、時には癒したりするためにつかれた嘘が
たくさんあったかもしれません。
それを頭ごなしに責めることが果たしてできるのでしょうか。
趣の違うふたつの戦争映画にはそんな共通点が見えてきます。

(パズー)

人生はシネマティック!
Their Finest
(2016年 イギリス 117分 DCP PG12 シネスコ) pic 2018年3月31日から4月6日まで上映 ■監督 ロネ・シェルフィグ
■原作 リッサ・エバンス
■脚本 ギャビー・チャッペ
■撮影 セバスチャン・ブレンコー
■音楽 レイチェル・ポートマン

■出演 ジェマ・アータートン/サム・クラフリン/ビル・ナイ/ジャック・ヒューストン/ヘレン・マックロリー/ポール・リッター/レイチェル・スターリング/リチャード・E・グラント/エディ・マーサン/ジェレミー・アイアンズ/ジェイク・レイシー

©BRITISH BROADCASTING CORPORATION / THEIR FINEST LIMITED 2016

みんなで作る「最高の結末」

picコピーライター部の秘書だったカトリンは、徴兵されたライターの代わりに書いた広告コピーが情報省映画局の特別顧問バックリーの目に留まり、新作プロパガンダ映画の脚本家としてスカウトされる。彼女が映画化することになったのは、<ダンケルクの戦い>での双子の姉妹の活躍を描いた物語だった。戦争で足を負傷した夫を支えるため、カトリンはなんとしても映画の仕事を成功させることを決意する。だが、いざ製作が始まると、無理難題を押しつける政府の検閲や軍部の横やり、ワガママな老俳優やド素人の役者の登場により、脚本が二転三転するトラブルが続出し…。

<ダンケルクの戦い>に力を貸した
双子の姉妹の話を映画化せよ!
映画製作に情熱を傾ける人々を
愛とユーモアあふれる視点で描く!

picこれまで一度も執筆経験のない女性の新人脚本家が、戦争に疲弊した国民を勇気づけるため、プロパガンダ映画の製作に挑む?! 劇中劇も織り交ぜたユニークな設定、軽妙洒脱でウィットに富んだ台詞の数々、映画ファンの心を捉えて離さない当時の撮影風景――。映画が何よりも娯楽だった時代の熱気に興奮しながら、映画人たちの人間模様に笑って泣く!珠玉のヒューマンドラマが誕生した。

pic 出演は『ボヴァリー夫人とパン屋』のジェマ・アータートン、『世界一キライなあなたに』のサム・クラフリン、『ラブ・アクチュアリー』『アバウト・タイム』の名優ビル・ナイをはじめ、英国映画界を代表する豪華キャストが結集している。『17歳の肖像』『ライオット・クラブ』の女性監督、ロネ・シェルフィ監督が鮮やかに紡ぎ出す“映画好きのためのベストワン・ムービー”が幕を開ける!

このページのトップへ
line

婚約者の友人
Frantz
(2016年 フランス・ドイツ 113分 DCP シネスコ)
pic 2018年3月31日から4月6日まで上映 ■監督・脚本 フランソワ・オゾン
■撮影 パスカル・マルティ
■編集 ロール・ガルデット
■音楽 フィリップ・ロンビ

■出演 ピエール・ニネ/ パウラ・ベーア/エルンスト・ストッツナー/アントン・フォン・ラック/マリエ・グルーバー/シリエル・クレール/ヨハン・フォン・ビューロー/アリス・ドゥ・ランクザン

■第73回ヴェネツィア国際映画祭マルチェロ・マストロヤンニ賞(新人俳優賞)受賞/第42回セザール賞11部門ノミネート、撮影賞受賞

©2015 MANDARIN PRODUCTION-X FILME-MARS FILMS-FRANCE 2 CINEMA-FOZ-JEAN-CLAUDE MOIREAU
©Mandarin Production - FOZ - X FILME Creative Pool GmbH - Mars Films - France 2 Cinema - Films Distribution

婚約者の墓の前で泣いていた見知らぬ男
彼の正体が明かされた時、新たな謎の扉が開く――

pic1919年、戦後のドイツ。婚約者フランツを亡くしたアンナは、ある日、彼の墓の前で泣いている見知らぬ男に出会う。パリで知り合ったと語る男の名はアドリアン。2人の友情に心癒されていくアンナだったが、彼に“婚約者の友人”以上の想いを抱いた時、男は自らの“正体”を告白する。しかしそれは次々と現れる謎の幕開けに過ぎなかった──。

モノクロ×カラーの映像美が仕掛ける
頭脳と心を揺さぶる極上のミステリー
若き巨匠フランソワ・オゾン監督最新作

pic 自由自在に様々なジャンルを行き来し、新作を発表するたびに世界を幸福な驚きに包むフランソワ・オゾン監督。殺人事件と共に女性の心理までも解き明かそうとした『スイミング・プール』から13年、前作を超える本格的かつエレガントなミステリーを完成させた。

アドリアン役には、フランスの若手俳優の中でも突出した存在である『イヴ・サンローラン』のピエール・ニネ。オーディションで選ばれたアンナ役のドイツ人パウラ・ベーアは、本作でヴェネツィア国際映画祭新人俳優賞に輝いた。

なぜ、アドリアンはアンナの前に現れたのか? アドリアンとフランツの本当の関係は? アンナを待ち受ける衝撃の事実とは? ひとつ嘘を見破るたびに、ヒロインと共に観る者も人生の<意外な真実>へと近づいていく。頭脳と心を揺さぶる極上のミステリーが誕生した。

レイトショー『焼け石に水』
このページのトップへ