今週の混雑案内
フェイスブック
twitter
english
top

青春の日々を思い返すと、なんだか切ない。
今となっては戻れないあの頃が、とても輝いていたからなのかな。

なんでもないことが楽しくて嬉しくて、笑顔に満ち溢れた毎日。
涙が止まらなくなるような、悲しくて辛い日々もあった。
躓いたり迷ったり、時にはスキップしたりして、少しずつ前に進んで…
それが今につながっている

あの頃の僕たちは…

pic1

『ウォールフラワー』の主人公チャーリーは、
心に傷を抱え、孤独な高校生活を送る“壁の花”。
しかし、彼の生活は二人の“はみ出し者”との出会いで一変します。
自分の居場所を見つけた彼は、笑顔を取り戻し、恋をして、
ケンカをして、ちょっぴり傷ついて…
輝かしい青春の日々を送るのです。

『ムード・インディゴ』の主人公コランは、悠々自適な資産家。
しかし友人に次々と恋人ができ、
突然孤独を感じた彼は「僕も恋がしたい!」とパーティーに出かけます。
そこで出会ったクロエに一目で恋に落ち、結婚!
愛に満ちたバラ色の日々を過ごすのです。

「このまま時が止まってしまえばいいのに…」
観ているこっちまで幸せな気分になる毎日。
しかし、幸せな時間はそう長くは続きません。
二つの物語は思わぬ方向へ展開し、チャーリーとコランに大きな試練が訪れるのです。
はたして、彼らはそれを乗り越えることができるでしょうか?

pic2

二人の試練は、私たちにはなかなか訪れるものではありません。
それでも共感できるのは、
彼らが過ごした青春と、自身のそれとを重ねてしまうからでしょうか。
いつか必ず終わってしまうものだから、青春は淡く儚く美しい。
私たちはその先を生きている。
だからこそ、その時を愛おしく想い、なおさら切なく感じるのかもしれません。

今週の早稲田松竹は、『ウォールフラワー』と
『ムード・インディゴ うたかたの日々 ディレクターズカット版』の二本立て。
甘くて苦い青春映画をご用意いたしました。
胸がきゅっと締め付けられる、そんな物語を召し上がれ。

(もっさ)


ムード・インディゴ うたかたの日々 ディレクターズカット版
L'ECUME DES JOURS
(2013年 フランス 131分 dcp ビスタ) pic 2014年5月24日から5月30日まで上映
■監督・脚本 ミシェル・ゴンドリー
■脚本 リュック・ボッシ
■原作 ボリス・ヴィアン「うたかたの日々」
■撮影 クリストフ・ボーカルヌ
■音楽 エティエンヌ・シャリー

■出演 ロマン・デュリス/オドレイ・トトゥ/オマール・シー/ガッド・エルマレ/アイッサ・メガ/シャーロット・ル・ボン/サシャ・プルドー/フィリップ・トレトン

■オフィシャルサイト http://moodindigo-movie.com/

肺の中に睡蓮が咲く不思議な病にかかったクロエと、
愛だけで彼女を救おうとするコラン
幻想的な世界観で描く泡のように儚いラブストーリー

pic舞台は、パリ。働かなくても暮らしていける財産で自由に生きていたコランは、無垢な魂を持つクロエと恋に落ちる。友人たちに祝福されて盛大な結婚式を挙げた二人は、愛と刺激に満ちた幸せな日々を送っていた。ところがある日、クロエが肺の中に睡蓮(すいれん)が芽吹くという不思議な病におかされる。高額な治療費のために働き始めたコランは、不可思議な人間関係に巻き込まれていく。クロエは日に日に衰弱し、コランだけでなく友人たちの人生も狂い始める。もはや愛しか残されていないコランに、クロエを救うことはできるのか…。

『エターナル・サンシャイン』のミシェル・ゴンドリー監督が、
永遠の青春小説「うたかたの日々」を映画化

pic小説家ボリス・ヴィアンが、1946年に発表した「うたかたの日々」は永遠の青春小説として若者から熱狂的な支持を受け、フランスでは400万部を超える大ミリオンセラーとして読み継がれている。今もなお世界中の人々の心を奪い続けるこの物語の映画化が、『エターナル・サンシャイン』『恋愛睡眠のすすめ』で、ピュアで切ないラブストーリーを幻想的な世界観で描き上げたミシェル・ゴンドリー監督により実現した。

picキャストもフランスを代表する俳優陣が集結。コランに『真夜中のピアニスト』『PARIS(パリ)』のロマン・デュリス、クロエに『アメリ』『ココ・アヴァン・シャネル』のオドレイ・トトゥ。ほか、日本でもヒットを記録した『最強のふたり』のオマール・シーらが顔をそろえる。

カクテルを作るピアノ、恋人たちを運ぶ雲など、原作の独創的なイメージを次々と形にした映像は、まるで未来世界のおもちゃ箱を開くよう。さらに恋する二人のときめきがスクリーンからあふれ、観る者を至福に包んでいく。それだけに、やがて訪れる切ない運命に、息もできないほど胸を引き裂かれる。キュートで残酷、悲痛で幸せ。そんな相反する魅力を放つ、泡のように消えるからこそ美しい愛の物語だ。

このページのトップへ
line

ウォールフラワー
THE PERKS OF BEING A WALLFLOWER
(2012年 アメリカ 103分 DCP ビスタ) pic 2014年5月24日から5月30日まで上映
■監督・脚本・製作総指揮 スティーブン・チョボスキー
■製作総指揮 ジェームズ・パワーズ
■原作 スティーブン・チョボスキー「ウォールフラワー」(アーティストハウス刊/集英社文庫刊)
■撮影 アンドリュー・ダン
■音楽監修 アレクサンドラ・パッドサヴァス
■音楽 マイケル・ブルック

■出演 ローガン・ラーマン/エマ・ワトソン/エズラ・ミラー/メイ・ホイットマン/ポール・ラッド//ケイト・ウォルシュ/エリン・ウィルヘルミ/ジョニー・シモンズ

■オフィシャルサイト http://wallflower.gaga.ne.jp/

窓際が定位置だった僕は、自由な君たちと出逢い、
笑い、恋をして、痛みを知った――。

picチャーリーは、小説家志望の16歳。入学初日にスクールカースト最下層に位置付けられた高校では、ひっそりと息を潜めてやり過ごすことに注力していた。ところが、そんな彼の生活は、周囲の学生たちとは関係のない「特別席」で、眩しいほどに輝いていた、陽気でクレイジーなパトリック、美しく奔放なサム兄妹との出逢いにより、一変する。初めて知る「友情」、そして「恋」。世界は無限に広がっていくように思えた。だが、チャーリーがひた隠しにする、過去のある事件をきっかけに、彼らの青春の日々は思わぬ方向へと転がり始める。

「ライ麦畑でつかまえて」の再来と絶賛され、
社会現象となった青春小説の金字塔を映画化

picただ生きているだけで心がときめき、ただ生きているだけで心が痛い。そんな青春の甘く苦い日々を、鮮やかに切り取った小説「ウォールフラワー」。1999年に刊行、「ライ麦畑でつかまえて」の再来と絶賛され、全米で社会現象を巻き起こした。この青春小説の金字塔ともいえる作品が、原作者スティーブン・チョボスキー自らが監督を務めることにより、待望の映画化を果たした。

主演に『三銃士/王妃の首飾りとダ・ヴィンチの飛行船』のローガン・ラーマン、共演には『ハリー・ポッター』シリーズー卒業後、初の大役となるエマ・ワトソン、『少年は残酷な弓を射る』のエズラ・ミラー。未来のハリウッドを担う若手スターたちの、等身大のみずみずしい演技が胸を打つ。

pic80年代後半から90年代初頭を物語の背景に、ザ・スミス、デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ、ニュー・オーダー、ソニック・ユース、XTC、デヴィッド・ボウイらの名曲たちが全編を彩る。また、映画『ロッキー・ホラー・ショー』や、「アラバマ物語」「路上」など文学作品も多数登場。当時のカルチャーへの目配せも見逃せない点となっている。

このページのトップへ