toppic

“相棒”という言葉って、いいですよね。単に気が合うだけでなく、時には喧嘩したり、衝突したりすることもあるけれど、心の底で通じ合っている。ただの友達や恋人とはちょっと違う、“相棒”には、ふたりだけの特別ななにかがある気がします。今週は、そんな“スペシャルな相棒”が登場するとっておきのヒューマンドラマ二本立てです。

<1組目:フィリップとドリス>

パラグライダーの事故で全身麻痺になった富豪のフィリップは、車いす生活を送る日々。そんな彼のもとに介護士の面接を受けに来たのが、スラム出身の黒人青年ドリスでした。これだけでもわかる通り、このふたり、あらゆるところで正反対です。音楽の趣味から始まって、年齢も人種も、これまでの生き方も。でも、嘘が嫌いで、根っからの女性好きなところはふたりとも一緒でした。そしてドリスは常に、歯に衣着せぬまっさらな態度でフィリップに接します。自分のことを障害者としてではなく一人の人間として向き合うドリスに、フィリップは心を許していくのでした。

<2組目:パットとティファニー>

妻の浮気現場に出くわし、相手の男にブチ切れてしまったパット。愛する妻からは去られ、教員の仕事も追われてしまいます。そんな時出会ったのが、近くに住むティファニー。彼女もまた事故で夫を亡くしたばかり。しかも深い悲しみから混乱し、職場の全員と関係を持つという奇行を起こしていました。このちょっとイカれたふたりのコンビは、やっぱりなかなかにハードです。ティファニーの激情型の行動にパットが振り回されたかと思えば、妻との思い出の曲(嫌な意味でも)を聴き、街中で暴れるパットをティファニーが助けたり…。ぶつかったり、励まし合ったりと忙しい彼らだけど、最愛の人を失った者同士、お互いの傷は痛いほどわかるのでした。

『最強のふたり』『世界にひとつのプレイブック』
どちらの作品も、世界中で公開され、ロングランを記録し、映画祭で数多くの賞を受賞しました。でもそれは障害や人種差別、心の病など万国共通の社会問題を扱っているからだけではありません。二本の作品に共通しているのは、そうゆうシリアスな辛いこともぜーんぶ飲み込んで笑いに変えてしまう、底抜けに明るいパワーなのです。それぞれの“スペシャルな相棒”は、思いっきり笑い、思いっきり怒り、さらには思いっきり踊ります! その姿のなんと気持ちいいこと! 

『世界にひとつのプレイブック』の原題は「Silver Linings Playbook」。このSilver Liningsとは英語のことわざ、“Every cloud has a silver lining.”から来ているそう。意味は“どの雲にも銀の裏地(太陽の光)がついている”、つまり“悪いことの反面には必ず良いことがある”ということです。

どんな生い立ちや境遇でも、どんなに心が傷ついても、希望の光は必ず差す。そして支えてくれるパートナーとの出会いがある! 映画のもつミラクルな輝きが、私たちの心を明るく照らしてくれるでしょう。それにしても、、、こんな相棒、いたらいいなぁ!!

(パズー)


最強のふたり
UNTOUCHABLE
(2011年 フランス 113分 dcp PG12 ビスタ) pic 2013年10月5日から10月11日まで上映
■監督・脚本 エリック・トレダノ/オリヴィエ・ナカシュ
■撮影 マチュー・ヴァドピエ
■編集 ドリアン・リガール=アンスー
■音楽 ルドヴィコ・エイナウディ

■出演 フランソワ・クリュゼ/オマール・シー/アンヌ・ル・ニ/オドレイ・フルーロ/クロティルド・モレ/アルバ・ガイア・クラゲード・ベルージ/トマ・ソリヴェレ/シリル・マンディ/ドロテ・ブリエール・メリット

■2011年日本アカデミー賞外国作品賞受賞/東京国際映画祭東京サクラグランプリ・最優秀男優賞(オマール・シー/フランソワ・クリュゼ)受賞/セザール賞主演男優賞(オマール・シー)受賞、ほか7部門ノミネート/ゴールデングローブ外国語映画賞ノミネート ほか多数受賞・ノミネート

■オフィシャルサイト http://saikyo-2.gaga.ne.jp/

この二人に世界が惚れた!
ありえない出会い、やがて二人は最強の友に。
さあ、人生に繰り出そう。

pic全身麻痺で車いす生活を送る富豪フィリップは、介護士面接にやってきて開口一番「不採用のサインをくれ」と切り出したスラム出身の黒人青年ドリスをまさかの採用。そこから始まった異文化二人のセット生活。クラシックとソウル、高級スーツとスウェット、文学的な会話と下ネタ──全てにわたり衝突し続ける二人だが、偽善を憎み本音で生きる姿勢は同じだった。

互いを受け入れ始めた二人は固い友情で結ばれていく、ところが──。人生はこんなにも予測不可能で、こんなにも垣根がなく、こんなにも心が躍り、こんなにも笑えて、涙があふれる!

おなかを抱えて笑い、
気づくと大粒の涙が流れている。
こんなにも愛おしい映画を観たことがあるか――?

picそれは、幸福な騒ぎだった。2011年にフランスで公開された映画が、ハリウッドの並み居る強豪をおさえて年間興収第1位に躍り出たのだ。「笑いも涙も止まらない」「予測不可能な展開に拍手喝采!」という絶賛の声が、たちまちヨーロッパ中に広がった。遂にはフランス映画の興行収入歴代3位に輝き、実にフランスの国民3人に1人が観たという大記録を樹立した。

picナカシュとトレダノの二人の監督が本作の基となるドキュメンタリーと出会ったのは2003年のこと。パラグライダーの事故にあって頸髄損傷になったフィリップと、彼を介護するために雇われた若者アブデル(本作ではドリス)を描いた作品だ。感銘を受けた二人はこの企画を温め続け、時が熟すのを待ってついに製作に乗り出した。そして映画が完成し、試写にやってきたフィリップとアブデル。上映中フィリップの椅子が動いているのを見たナカシュとトレダノは、彼が笑っているのだと思った。ところが、映画が終わると、彼は目に涙を浮かべていた。そして、「こんな状態になって、私は何年も前に鏡を見るのをやめた。久しぶりに自分の瞳を見たよ」と語り、「私は両手で拍手しているんだ!」と微笑んだ。アブデルはほほ笑み、監督たちに、ありがとう、と優しく言ったという。


このページのトップへ
line

世界にひとつのプレイブック
SILVER LININGS PLAYBOOK
(2012年 アメリカ 123分 dcp シネスコ) pic 2013年10月5日から10月11日まで上映
■監督・脚本 デヴィッド・O・ラッセル
■原作 マシュー・クイック『世界にひとつのプレイブック』(集英社刊)
■撮影 マサノブ・タカヤナギ
■音楽 ダニー・エルフマン
■音楽監修 スーザン・ジェイコブス

■出演 ブラッドリー・クーパー/ジェニファー・ローレンス/ロバート・デ・ニーロ/ジャッキー・ウィーヴァー/クリス・タッカー/アヌパム・カー/ジョン・オーティス/シェー・ウィガム/ジュリア・スタイルズ/ポール・ハーマン/ダッシュ・ミホク/ブレア・ビー

■2012年アカデミー賞主演女優賞受賞、ほか作品賞・監督賞など7部門ノミネート/LA批評家協会賞女優賞受賞/ゴールデン・グローブ女優賞(コメディ/ミュージカル)受賞、ほか3部門ノミネート/インディペンデント・スピリット賞作品賞・監督賞・主演女優賞・脚本賞受賞、主演男優賞ノミネート ほか多数受賞・ノミネート

■オフィシャルサイト http://playbook.gaga.ne.jp/

少しイカれたきみが
なぜか希望の光。

妻の浮気が原因で心のバランスを崩し、すべてを失くしたパット。今は実家で両親と暮らしながら、社会復帰を目指してリハビリ中だ。そんな時出会ったのが近所に住むティファニー。愛らしい姿からは想像もつかない、過激な発言と突飛な行動を繰り返す彼女に、振り回されるパット。実は彼女も事故で夫を亡くし、心に傷を抱えていた。ティファニーは立ち直るためにダンスコンテストへの出場を決意、パットを強引にパートナーに任命する。人生の希望の光を取り戻すため、ふたりの挑戦が始まった!

驚異の61冠+74ノミネート!
世界の映画賞を総なめの快進撃に世界が騒然
爆笑がいつしか大粒の涙に変わる<共感度No.1>の感動作

pic最愛の人を失くして心が壊れた男女が立ち直ろうとするシリアスな物語のはずが、観客席は爆笑の嵐! そうこれは、常識を軽快に裏切る型破りの映画なのだ。監督・脚本は、アカデミー賞2部門を獲得した『ザ・ファイター』のデヴィッド・О・ラッセル。主演は、ハリウッドで今最も期待されるふたり。『ハングオーバー』シリーズで人気を博し米People誌の「世界一セクシーな男」に輝いたブラッドリー・クーパーと、『ウィンターズ・ボーン』主演で若干20歳でアカデミー賞にノミネートされ、『ハンガー・ゲーム』が全世界大ヒットと絶好調のキャリアを築くジェニファー・ローレンス。さらに名優ロバート・デ・ニーロとジャッキー・ウィーヴァーが脇を固める。本作はこの4人でアカデミー賞の全演技部門(主演女優・男優賞/助演女優・男優賞)にノミネートされるという31年ぶりの快挙を成し遂げ、ジェニファー・ローレンスは見事主演女優賞を受賞、加えて各映画賞で60冠を射止める快進撃で世界を熱狂させた。

人生にプレイブック(作戦図)はないけれど、誰もが心の中に世界にひとつだけのプレイブックを持っている。 自分らしくベストをつくせば、必ず希望の光(Silver lining)は射してくる。ラストで笑いが涙に変わるとき、あなたの希望の光も見つかるはず。そんな共感度いっぱいの感動作が誕生した!



このページのトップへ