フェイスブック
ツイッター
今週の混雑案内
english
★連日20:10より特別レイトショー『ロスト・シティZ 失われた黄金都市』を上映いたします。詳細はこちら
★特別レイトショー開催のため、18:00『ゴッホ〜最期の手紙〜』がラスト1本割対象作品となります。

ネルーダ 大いなる愛の逃亡者
Neruda
(2016年 チリ/アルゼンチン/フランス/スペイン 108分 DCP PG12pic 2018年5月12日から5月18日まで上映
開映時間 12:10 / 16:00
■監督 パブロ・ラライン
■脚本 ギレルモ・カルデロン
■撮影 セルヒオ・アームストロング
■編集 エルヴェ・シュネイ
■音楽 フェデリコ・フシド

■出演 ルイス・ニェッコ/ガエル・ガルシア・ベルナル/メルセデス・モラーン/ハイメ・バデル/アルフレド・カストロ/ディエゴ・ムニョス

■第69回カンヌ国際映画祭監督週間出品作品/第74回ゴールデン・グローブ賞外国語映画賞ノミネート

■オフィシャルサイト
 http://neruda-movie.jp/

■物販情報
・パンフレット(700円)

by Diego Araya © Fabula, FunnyBalloons, AZ Films, Setembro Cine, WilliesMovies, A.I.E. Santiago de Chile, 2016

追跡者は、悲劇的で貪欲な警官。
ノーベル賞詩人は、享楽的な革命政治家。

pic 第2次世界大戦の終結から3年、ビデラ大統領は共産党員のネルーダを弾劾した。逮捕されるか逃亡するか? 大統領は直接警官ペルショノーに、ネルーダの逮捕を命じる。ネルーダは追われる身としての新たな生活にインスピレーションを受けながら、代表作となる詩集「大いなる歌」を書く。ペルショノーが追いつくと姿をくらます、追いかけっこの連続だ。ネルーダはわざと手がかりを残すことでペルショノーと戯れ、追跡ゲームはより危険なものに、2人の関係はより密接なものになっていくのだった…。

チリの国民的詩人パブロ・ネルーダの逃亡生活を描く
パブロ・ラライン監督が仕掛けた独創的文学サスペンス

pic詩人として1971年にノーベル文学賞を受賞したチリの国民的ヒーロー、パブロ・ネルーダは、共産主義の政治家であった。芸術を愛し、女性を愛し、酒場を愛する享楽主義者であり、何よりも貧しい人々に寄り添う博愛主義者だった。しかし、その思想ゆえネルーダは生涯の大半をチリ政府から追われる逃亡生活に費やした。ただ、その逃亡生活こそノーベル文学賞を受賞した糧となったのである。その逃亡生活とは何だったのか。本作は、弾圧のなかで、人々がネルーダを愛し、そして代表作「大いなる歌」を愛した背景に迫った意欲作である。

pic ネルーダの信奉者であり、同じくチリ人の監督であるパブロ・ラライン(『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』)が祖国の美しい自然や第2次世界大戦直後の混乱期の生活を織り交ぜ、斬新で叙情的なサスペンス映画に仕立て上げた。ネルーダ役にはチリで人気のコメディアン俳優ルイス・ニェッコを起用、映画の語り部でもあるネルーダを追跡する警官ペルショノーを、メキシコを代表する俳優のガエル・ガルシア・ベルナルが演じる。

このページのトップへ
line

ゴッホ〜最期の手紙〜
Loving Vincent
(2017年 イギリス/ポーランド 96分 DCP
pic 2018年5月12日から5月18日まで上映
開映時間 10:20★吹替 / 14:10 / 18:00
■監督・脚本 ドロタ・コビエラ/ヒュー・ウェルチマン
■製作 ヒュー・ウェルチマン/ショーン・ボビット/イヴァン・マクタガート
■撮影 トリスタン・オリヴァー/ウカシュ・ジャル
■編集 ユスチナ・ヴィアージンスカ/ドロタ・コビエラ
■音楽 クリント・マンセル

■出演 ダグラス・ブース/ジェローム・フリン/ロベルト・グラチーク/ヘレン・マックロリー/クリス・オダウド/シアーシャ・ローナン/ジョン・セッションズ/エレノア・トムリンソン/エイダン・ターナー
■吹替え版キャスト 山田孝之/イッセー尾形/伊藤かな恵/三宅健太/落合福嗣

■2018年アカデミー賞長編アニメーション部門ノミネート/2017年アヌシー国際アニメーション映画祭観客賞受賞 ほか多数受賞・ノミネート

■オフィシャルサイト
 http://www.gogh-movie.jp/

■物販情報
・パンフレット(800円)

★10:20の回は日本語吹替え版で上映致します。

© Loving Vincent Sp. z o.o/ Loving Vincent ltd.

愛か、狂気か。
愛されつづけた名画の数々が
100年の時を経て動き出す

pic郵便配達人ジョゼフ・ルーランの息子アルマンは、パリへ届ける一通の手紙を託された。それは父の友人で自殺した画家ゴッホが、彼の弟テオに宛てたものだった。テオの消息を追ううちにその死を知るが、それと同時に募る疑問がひとつ…。ゴッホの死の真の原因はなんだったのか? そしてこの手紙を本当に受け取るべき人間はどこに?

世界初、全編が動く油絵のテイストで構成される
体感型アートサスペンス映画。

pic 巨匠ファン・ゴッホの人生は、遺された手紙の数々によって明らかにされている。が、最愛の弟テオに宛てた最期の手紙で「われわれは自分たちの絵に語らせることしかできないのだ」と書き記している。…果たして、私たちはゴッホを本当に知っているのだろうか?

『ゴッホ〜最期の手紙〜』は、氏の名画をモチーフにその最期の日々を実写映像で撮影。撮影された1コマ1コマが、世界中から集められた125名の絵描きの手によってゴッホタッチの油彩画として生まれ変わった。総枚数62450枚。1秒12枚の油絵を映した高精細写真による、動く油絵で構成された本作は、正にゴッホの言葉通り“絵画によって彼自身を語らせる”圧巻の体感型アートサスペンス映画となった。

line ロストシティZ
このページのトップへ