4/24(土)~4/30(金)上映
スパイの妻10:0014:50
空に住む12:2517:15
~19:15

★本タイムテーブルは東京都からの時短営業要請を受けて作成しております。今後の要請内容により、スケジュールを変更する可能性がございますのでご了承ください。
★現在指定席でご案内しております。チケットの販売は窓口のみとなります。受付にお時間がかかることが予想されますので、ご来場の際はお時間に余裕を持ってお越しください。
★初回のみ、開映時刻の40分前からチケットを販売いたします。2回目以降のチケット販売時刻は、各回その直前の回が始まってからとなります(レイトショーなど特別興行を除く)。
★二本立て上映のため、混雑した場合は2本目からはご入場いただけない場合がございます。ご来場の際はご注意ください。
★そのほか、ご入場システムの変更に関する詳細は、「新型コロナウイルス感染拡大防止の対応について」をお読みください。

スパイの妻<劇場版>
Wife of a Spy

開映時間 10:00 / 14:50
黒沢清監督作品/2020年/日本/115分/DCP

■監督 黒沢清
■脚本 黒沢清/濱口竜介/野原位
■撮影 佐々木達之介
■編集 李英美
■音楽 長岡亮介

■出演 蒼井優/高橋一生/坂東龍汰/恒松祐里/みのすけ/玄理/東出昌大/笹野高史

■2020年ヴェネツィア国際映画祭銀獅子賞(監督賞)受賞

■オフィシャルサイト
https://wos.bitters.co.jp/index.html

■物販情報
・パンフレット(800円)

©2020 NHK, NEP, Incline, C&I

太平洋戦争前夜。愛と正義に賭けたふたりがたどり着くのは、幸福か、陰謀か――

1940年。戦争の足音が日本に近づいてきた頃。聡子は貿易会社を営む福原優作とともに、神戸で瀟洒な洋館で暮らしていた。ある日、優作は物資を求めて赴いた満州で偶然、衝撃的な国家機密を知り、正義のため、事の顛末を世に知らしめようとする。聡子は反逆者と疑われる夫を信じ、スパイの妻と罵られようとも、その身が破滅することも厭わず、ただ愛する夫とともに生きることを心に誓う。太平洋戦争間近の日本で、夫婦の運命は時代の荒波に飲まれていく…

名匠、黒沢清監督が初めて挑んだ歴史の闇。濱口竜介、野原位、長岡亮介ら日本を代表する才能が集結!

世界中に熱狂的なファンを持つ映画監督、黒沢清が『スパイの妻』で歴史の闇に初めて挑んだ。脚本を手掛けたのは黒沢自身と濱口竜介(『寝ても覚めても』)、野原位(『ハッピーアワー』脚本)。3人が結合することで生まれた化学反応に目を見張る。音楽は、ロックバンド「東京事変」のギタリストなど、多岐にわたり活動している音楽家・長岡亮介。本作で映画音楽を初めて手掛け、映画世界の奥行きを広げた。日本を代表する才能が集結した本作は、第77回ヴェネチア国際映画祭で銀獅子賞(監督賞)を受賞した。

主演は日本アカデミー賞をはじめ、数々の受賞歴を誇る、実力派女優・蒼井優。儚げでいて芯の強さを持ち、狂気にも近い想いを持って夫を愛し抜く聡子を圧倒的な存在感で演じている。『ロマンスドール』に続き蒼井と夫婦を演じるのは高橋一生。スリーピースに身を包み、聡明で正義の遂行のためには手段を選ばぬ優作を魅力的に体現した。そのほか、東出昌大、坂東龍汰、恒松祐里、笹野高史らが脇を固め、激動の時代に抗う夫婦を取り巻く人物として個性豊かに彩っている。

空に住む
Living in Your Sky

開映時間 12:25 / 17:15(~終映19:15)
青山真治監督作品/2020年/日本/118分/DCP

■監督 青山真治
■原作 小竹正人『空に住む』(講談社)
■脚本 青山真治/池田千尋
■撮影 中島美緒
■編集 田巻源太
■音楽 長嶌寛幸
■主題歌 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE「空に住む ~Living in your sky~」

■出演 多部未華子/岸井ゆきの/美村里江/岩田剛典/鶴見辰吾/岩下尚史/高橋洋/大森南朋/永瀬正敏/柄本明

■2020年釜山国際映画祭ウィンドウ・オン・アジアンシネマ部門正式出品

■オフィシャルサイト
https://soranisumu.jp/index.html

■物販情報
・パンフレット(850円)

©️2020 HIGH BROW CINEMA

私、ここから はじめる

郊外の小さな出版社に勤める直実は、両親の急死を受け止めきれないまま、叔父夫婦の計らいで大都会を見下ろすタワーマンションの高層階に住むことになった。長年の相棒・黒猫ハルとの暮らし、ワケアリ妊婦の後輩をはじめ気心のしれた仲間に囲まれた職場、それでも喪失感を抱え、浮遊するように生きる直実の前に現れたのは、同じマンションに住むスター俳優・時戸森則だった。彼との夢のような逢瀬に溺れながら、先は見えないことはわかっている。そんな日常にもやがて変化が訪れる。直実が選ぶ自分の人生とは――

青山真治監督、7年ぶりの長編作品。愛を喪失し、それでも未来へ歩き出す女性たちへ、エールを送る物語。

自分をさらけ出すことのないまま社会や他者となんとか共存し、プライドを壊されないよう懸命に生きる現代の女性たち。仕事、人生、そして恋愛のはざまで揺れながら新たな一歩を踏み出していく女性の心の機微が、エチュードのように丁寧に綴られていく。監督は、『EUREKA ユリイカ』でカンヌ国際映画祭批評家連盟賞受賞ほか国際的に高い評価を得る青山真治。実に7年ぶりの新作となる。

迷い傷つきながら確かな選択をして変わっていく直実を演じるのは映画、テレビ、舞台と幅広いジャンルで説得力に富んだ演技を見せる多部未華子。また今や日本映画界で高い評価を得る岸井ゆきの、美村里江、岩田剛典(EXILE / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE)、大森南朋、鶴見辰吾ら実力派が勢揃いした。