今週の混雑案内
フェイスブック
twitter
english
top

梅雨の真っ只中、シケった僕らの心をブッ飛ばす
ヤバい奴らが早稲田松竹に帰ってくる!
今週は、爽快! 痛快! 何でもあり!
B級エンタテインメント映画の続編二本立て、
『キック・アス/ジャスティス・フォーエバー』『マチェーテ・キルズ』
題して、“ボンバイエ! ヒーロー・イズ・カムバック!”

両作ともに、前作の公開は4年前。
その常識破りのストーリー、濃すぎるキャラクター、超本格アクションで、
間違いなく2010年を代表する問題作でした。
そんな二本の続編ですから、観ないわけにはいきません!

『キック・アス』といえば、なんといっても主人公を
完全に食っていたヒットガールが忘れられません!
愛くるしい少女から放たれるキレッキレのアクションと放送禁止用語に、
日本中、いや世界中がヤられたはず。
今作は、そんな彼女がヒットガールとしての自分を封印して、
今どきのキラキラ女子へと成長するスクールライフに注目です。
さらに戦いは、ジム・キャリー率いるヒーロー軍団と
レッド・ミスト改めマザー・ファッカー率いる悪党軍団の団体戦へと突入し、
ストーリーは前作をはるかに超えてスケールアップしております。

一方『マチェーテ』はというと、実は早稲田松竹では上映していないんです。
ではなぜカムバックなのか? 遡ること7年前、
本作の監督であるロバート・ロドリゲスと、クエンティン・タランティーノの
親友コンビが作ったB級二本立てムービー『グラインドハウス USAバージョン』
が当館で上映されました。その冒頭で流れる架空の予告編として、
実は『マチェーテ』が登場していたのです。
そんなふざけたテンションで生まれた作品、もちろん続編だって全力でふざけてます!
それなのに、豪華オールスターキャストという奇跡…さすがロドリゲスです。
個人的にオススメなのは、敵の用心棒とのヘリコプターを使った戦闘シーン。
とにかくエグい、気持ちいいくらいにエグい! でも最高に笑えます!!

ありそうでなかった続編モノ二本立て。
けれど、ご安心ください。
前作を観ていない人を置いてけぼりにするような、
そんな器のちっちゃい作品ではありませんよ!
さぁみなさま、覚悟はいいですか?
今週は頭を空っぽにして
クレイジーでB級臭ぷんぷんの早稲田松竹へGOGOGO!!

(おまる)


マチェーテ・キルズ
MACHETE KILLS
(2013年 アメリカ 108分 dcp R15+ ビスタ) pic 2014年6月14日から6月20日まで上映 ■監督・原案・製作・撮影監督・編集・音楽 ロバート・ロドリゲス
■製作 リック・シュウォーツ/サルゲイ・ベスパロフ/アレクサンドル・ロドニャンスキー/アーロン・カウフマン/イリアナ・ニコリック
■原案 マルセル・ロドリゲス
■脚本 カイル・ウォード
■衣装 ニナ・プロクター
■編集 レベッカ・ロドリゲス
■音楽 カール・シール

■出演 ダニー・トレホ/ミシェル・ロドリゲス/ソフィア・ベルガラ/アンバー・ハード/ カルロス・エステベス/レディー・ガガ/アントニオ・バンデラス/ジェシカ・アルバ/デミアン・ビチル/アレクサ・ヴェガ/ヴァネッサ・ハジェンズ/キューバ・グッディング・Jr/ウィリアム・サドラー/マルコ・サロール/ウォルトン・ゴギンズ/メル・ギブソン

■オフィシャルサイト http://www.finefilms.co.jp/machetekills/

マチェーテに告ぐ
「ミサイル男を生け捕りにせよ!」

picマチェーテは、アメリカ大統領から、メキシコのイカれた男「マッドマン」を倒してほしいという依頼を受ける。マッドマンの心臓は、ミサイルの発射と連動しており、彼の心臓が止まれば、ミサイルがワシントンを壊滅するようになっていた。唯一解除できるのは、世界一の武器商人ヴォズだけ。ヴォズに発射装置を解除させるためには、マッドマンを生きたままアメリカに連れて行かなくてはならないのだが…。

常識破り!! ヤバイ美女集結!! 
痛快★バイオレンス・アクション!

pic2007年、ロバート・ロドリゲス監督作とクエンティン・タランティーノ監督作で2本立て公開された『グラインドハウス』。その上映時に、偽の予告編を製作したことがきっかけで誕生したのが前作『マチェーテ』である。その続編である本作は、よりスケールが大きく、危険に満ちたB級バイオレンス・アクションだ。

picメキシコの元連邦捜査官であるマチェーテが強烈な個性を持つ悪者たちをなぎ倒していく姿は痛快の一言。世界のディーバ、レディー・ガガが初めて女優に挑戦し、謎の殺し屋を演じるのをはじめ、ミシェル・ロドリゲス、アントニオ・バンデラス、ジェシカ・アルバ、メル・ギブソン、カルロス・エステベス(=チャーリー・シーン)という豪華共演で描き出す。

鬼才ロバート・ロドリゲス監督が自ら、「いかれたシリーズ」と語る、本シリーズ。荒唐無稽、何でもありの世界で暴れまくる者たちの姿をスクリーンで堪能せよ!

このページのトップへ
line

キック・アス/ジャスティス・フォーエバー
KICK-ASS 2
(2013年 アメリカ・イギリス 103分 DCP R15+ シネスコ) pic 2014年6月14日から6月20日まで上映 ■監督・脚本 ジェフ・ワドロウ
■製作 マシュー・ヴォーン/アダム・ボーリング/タルキン・パック/デヴィッド・リード
■原作・製作総指揮 マーク・ミラー/ジョン・S・ロミタ・Jr
■製作総指揮 スティーヴン・マークス/クローディア・ヴォーン/ピエール・ラグランジェ/トレヴァー・デューク・モレッツ
■撮影 ティム・モーリス・ジョーンズ
■音楽 ヘンリー・ジャックマン/マシュー・マージェソン

■出演 アーロン・テイラー=ジョンソン/クリストファー・ミンツ=プラッセ/クロエ・グレース・モレッツ/ジム・キャリー/モリス・チェスナット/クローディア・リー/クラーク・デューク/オーガスタス・プリュー

■オフィシャルサイト http://kick-ass-movie.jp/

ごく普通の学園生活を送る、
ヒーロー2人に新たな変化が!

picキック・アスとして活躍したデイヴは、今度はなりきりではない、本気のヒーローを目指すことに。そんな彼は、元マフィアのスターズ・アンド・ストライプス大佐と出会い、ヒーロー軍団ジャスティス・フォーエバーを結成する。一方、レッド・ミスト改め、マザー・ファッカー率いる悪党軍団が現れ、世は大混乱。しかし、ミンディは普通の女の子として生きるため、ヒット・ガールを封印していて…。

あの超等身大ヒーロー
「キック・アス」が帰ってきた!

pic平凡な高校生が、街の平和を守るために素人ヒーロー、キック・アスとなり、謎の殺し屋少女ヒット・ガールとともに活躍する姿を描いたバイオレンス・アクション『キック・アス』。本作は2010年に劇場公開され、大ヒットを記録した待望の続編だ。父親を殺され、キック・アスへの復讐に燃えるマザー・ファッカーに対し、新たな強力助っ人たちと手を組み、ヒーローチームを結成したキック・アス&ヒット・ガール。彼らの壮絶な戦いの行方を描く。

picさえない青年を演じるキック・アス役のアーロン・テイラー=ジョンソン、前作で謎の殺し屋少女を演じ、一躍注目を浴びたクロエ・グレース・モレッツの続投はもちろんのこと、本作ではキック・アスを助ける新キャラクターとして、新たにジム・キャリーが参戦! 前作よりもはるかにスケールアップしたアクション、続々と登場するニューヒーローと悪党軍団。ヒット・ガールはキュートからセクシーに変貌をとげ、キック・アスはさらなる鍛錬を積み、新たな正義を誓う!

このページのトップへ