フェイスブック
ツイッター
今週の混雑案内
english
top pic

GONIN
(1995年 日本 109分 35mm
pic
■監督・脚本 石井隆
■製作総指揮 奥村和由
■撮影 佐々木原保志
■美術 山崎輝
■編集 川島章正
■音楽 安川午朗

■出演 佐藤浩市/本木雅弘/根津甚八/椎名桔平/竹中直人/横山めぐみ/永島暎子/川上麻衣子/室田日出男/木村一八/鶴見辰吾/永島敏行/ビートたけし

キレたら止まらない

バブル経済が崩壊し、社会から弾き出された5人の男たち。多額の借金を背負いこんだり、リストラで突然解雇されたりで人生の瀬戸際に立たされた彼らは、生き残りをかけて一発逆転の賭けに出る。暴力団の事務所を襲い、金庫に眠っているアブク銭の強奪!

計画はまんまと成功、奪った金を山分けしして、5人は新しい人生に踏み出すはずだったが、暴力団の復讐が始まり、5人VS暴力団の血で血を洗う壮絶な戦いの火ぶたがきっておとされる――。

バブル崩壊で世間からはみ出してしまった5人の男たちが仕組んだ強盗計画の顛末をスタイリッシュな映像で描くバイオレンス・アクション。死に去る男たちの美学を描いた『GONIN』は、95年に劇場公開されるやいなや、各方面から鮮烈な衝撃と、石井隆監督の映像美に絶賛の声が巻き起こった。

5人を演じるのは佐藤浩市、本木雅弘、竹中直人、根津甚八、椎名桔平。それぞれの持ち味を活かして激しい火花を散らしつつスクラムを組んで壮絶な戦いへと突っ込んでいく。また、迎え撃つ暴力団に永島敏行、鶴見辰吾、さらには5人を追い詰める冷酷無比なヒットマンにビートたけしが扮している。

このページのトップへ

GONIN2
(1996年 日本 108分 35mm R-15
pic ■監督・脚本 石井隆
■製作 奥山和由
■撮影 佐々木原保志
■美術 山崎輝
■編集 奥原好幸
■音楽 安川午朗

■出演 緒形拳/大竹しのぶ/喜多嶋舞/夏川結衣/西山由海/余貴美子/永島敏行/鶴見辰吾/松岡修介/片岡礼子/左とん平/寺田農/多岐川裕美

今日もまた、
時計じかけの夜が始まる。

それぞれが社会の水に馴染めず、個々の問題を抱え、厭世観に支配され生きている5人の女。たまたま居合わせた宝石店で、5人組の宝石強盗に出くわす。だが女たちは怯むどころか逆襲に転じ、拳銃を奪い取り、お互いの名前も知らぬまま、時価10億円の宝石を盗んで逃走してしまう。

しかし、宝石を横取りされた強盗の背後には、暴力団の大きな影があった。そして、その暴力団の借金取立てでの暴行により妻を自殺に追い込まれ、復讐に燃える鉄工所の経営者が絡み、三つ巴の壮絶なバトルが始まる…。

日本映画界を震撼させた『GONIN』の翌年に公開されたアナザーストーリー。前作から一転、本作の「5人」は全員女性である。たまたま居合わせた宝石店で宝石強盗事件に巻き込まれた5人の女たちが、強盗犯や暴力団に追いつめられながら逆襲していく様を描く。

38歳でセーラー服姿の売春婦を演じた大竹しのぶをはじめ、余貴美子、喜多嶋舞、夏川結衣、西山由海が5人の女たちを熱演。また、復讐の鬼となる鉄工所の経営者・外山を緒形拳が演じる。

このページのトップへ

GONINサーガ
(2015年 日本 129分 DCP
pic
■監督・脚本 石井隆
■プロデューサー 二宮直彦/阿知波孝
■撮影 佐々木原保志/山本圭昭
■美術 鈴木隆之
■編集 川島章正
■音楽 安川午朗
■挿入歌 ちあきなおみ「赤い花」/森田童子「ラスト・ワルツ」

■出演 東出昌大/桐谷健太/土屋アンナ/柄本佑/安藤政信/テリー伊藤/井上晴美/りりィ/福島リラ/松本若菜/菅田俊/井坂俊哉/根津甚八/鶴見辰吾/佐藤浩市/竹中直人

■第89回キネマ旬報ベスト・テン第6位

もう、理性はいらない。
命を燃やして、生き残るのは誰だ――

5人組による、五誠会系大越組襲撃事件から19年。大越組の若頭だった久松の遺児・勇人は、母を支えながらまっとうな人生を歩んでいた。勇人の幼馴染で大越組長の遺児・大輔は壊滅した大越組再興の夢を抱きながら、五誠会の三代目・誠司のボディガードをしていた。そんなある日、19年前の襲撃事件を追う富田と名乗るルポライターが安恵を訪ねてくる。やがて遺された者たちの歯車は大きく軋み始め、五誠会に囲われながらも深い恨みを宿す元アイドル・麻美を巻き込んで、GONINの新たな闘いが幕を開ける――。

傑作『GONIN』から19年。長きにわたる沈黙を破り、正当な続編として新たなサーガ(伝説)が誕生した。主演は『桐島、部活やめるってよ』でデビューした若き逸材・東出昌大。共演に、桐谷健太、土屋アンナ、柄本祐、安藤政信といった豪華キャストが集結。そして前作で死んだと思われていた氷頭役で、5年前俳優引退を宣言した根津甚八が本作のために一度きりの復活! その想いに応えるかのように佐藤浩市、鶴見辰吾も本作に出演。また、前作で5人組のひとりを演じた竹中直人も狂気のヒットマンとして登場する。

極限のバイオレンスが繰り広げられる中で、光の中に揺らめく影、雨や水の中で感じる鼓動、痛いほど突き刺さる役者の表情。全てがある種の“美しさ”を纏いながら見る者を魅了する。宿命に抗い、運命を受け入れず、突き動かすため熱く燃えたぎる若者の姿が、力強いメッセージをもって胸に迫る。

pic

【オールナイトに関する注意事項】
・チケットの払い戻しはできません。
・18歳未満の方はご入場いただけません。
・チケットに記載された整理番号順に開映の20分前よりご入場いただき、場内は全席自由席となります。
・混雑している場合は、映画が始まって30分経ちますと、次の休憩時間までご入場をお待ちいただくことがございます。
・飲酒された方のご入場、アルコール類のお持ち込みはお断りいたします。
・他のお客様に迷惑をかける方、不快な思いをさせる可能性のある方のご入場はお断りいたします。
・特別興行のため、招待券はご利用いただけません。
・終了時刻などが変更になる可能性がございます。予めご了承ください。
・当館の事情により上映を中止した場合は、ご購入されたチケットの払い戻しをいたします。
 ただし、チケット購入金額以外の費用(当館までの交通費等)はお支払いいたしません。

このページのトップへ