フェイスブック
ツイッター
今週の混雑案内
english
top

是枝裕和監督は学生時代、テレビっ子だったといい、倉本聰、山田太一、向田邦子などの家庭を舞台にした“ホームドラマ”をたくさん観てきたという。そして是枝監督自身もまた映画でホームドラマを数多く手掛けてきた。

『海街diary』は鎌倉で暮らす四姉妹の姿を一年にわたって描くホームドラマ。三人姉妹の元へ、15年前家族を捨てて家を出た父の訃報が届く。その父の葬儀で出会った腹違いの妹・すず。彼女たちは一緒に暮らし始め、四姉妹となる。

姉妹を演じるのは、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの四人。これだけの女優たちをメインキャストで観られるというのは、本当に贅沢だ。彼女たちがずらりと並べば、何をやっていても画になる。例えば、畳の上で昼寝をしているだけのような何気ないシーンであっても。それぞれに個性的な姉妹を演じている彼女たちだが、なかでも四女を演じている広瀬すずがいい。三人の姉たちに受け入れられながらも、自分の母親のせいで、姉たちの家族がバラバラになってしまったという罪悪感を拭い去れない。そんな感情を繊細に表現している。

もう一作品、『歩いても 歩いても』もまた、ある家族の夏の一日を描いたホームドラマだ。

『海街diary』が若いキャストのみずみずしさが魅力とすれば、こちらはベテラン俳優陣の味わい深い演技が見もの。阿部寛、夏川結衣という再婚をして帰郷をする夫婦と、樹木希林、原田芳雄演じる老夫婦。彼らの芝居はセリフで語られなくても、それぞれの人物の歴史がにじみ出てくる。家族の中でしか見せないエゴイスティックな部分が垣間見えるのも面白い。家族ってこうだよなあ、とつくづく感じさせられる。

そして両作品とも、もうひとつの主役と言っていいくらい魅力的なのが、自然の美しさだ。『海街diary』は鎌倉、『歩いても 歩いても』は高台の町を舞台に、透きとおるような青い海、豊かに繁った緑色の木々たちが色鮮やかにフィルムに刻まれ、移り変わる表情がドラマに奥行きを与えている。

その美しさには瞬時に心を奪われるが、是枝監督のホームドラマは美しいだけではない。美しさと対になるように“死”がすぐそばにあるものとして描かれる。それは誰もが“家族”というものを意識したとき、憎くても愛していても、いつかは必ず、その死と向き合わなければいけないことを監督自身が強く感じているからだろう。観たあとに、きっと家族の顔を思い出す、そんな二本です。

(かわうそ)

歩いても 歩いても
(2007年 日本 114分 35mm ビスタ/SR) pic 2015年11月21日から11月27日まで上映 ■監督・原作・脚本・編集 是枝裕和
■企画 安田匡裕
■撮影 山崎裕
■美術 磯見俊裕/三ツ松けいこ
■衣裳 黒澤和子
■音楽 ゴンチチ

■出演 阿部寛/夏川結衣/YOU/高橋和也/田中祥平/寺島進/加藤治子/樹木希林/原田芳雄

■2008年ブルーリボン賞監督賞・助演女優賞受賞/日本アカデミー賞助演女優賞ノミネート

人生は、いつもちょっとだけ間に合わない

pic夏の終わりに、横山良多は妻と息子を連れて実家を訪れた。開業医だった父とそりのあわない良多は失業中のこともあり、久々の帰郷も気が重い。明るい姉の一家も来て、老いた両親の家には久しぶりに笑い声が響く。得意料理をつぎつぎこしらえる母と、相変わらず家長としての威厳にこだわる父親。ありふれた家族の風景だが、今日は、15年前に亡くなった横山家長男の命日。食卓を囲むうち、それぞれの秘めた思いが沁み出していく…。

今年の夏も、15年前のあの日につづいている――。

本作は、大人になって家を離れた子供たちと老夫婦の一日をたどるホームドラマ。食卓を囲んでの何気ない会話の中に、家族だからこそのいたわりと反目が、ユーモラスに温かく、ときにほろ苦い切なさをもって描き出される。是枝裕和監督は、自身の母を亡くしたことが「ありふれた家族の一日」を映画にするきっかけになったと語る。

主人公横山良多を演じるのは阿部寛。誰の身近にもいる平凡で不器用な男を等身大のリアリティで演じる。母親とし子役には樹木希林。さらに、夏川結衣、原田芳雄、YOU、寺島進、高橋和也を加えた贅沢なキャストが是枝監督のオリジナル脚本に惚れこみ、自由かつ熱い意見を交わしながら役を自分のものにしていき、極上のアンサンブルが生まれた。

特別な事件が起きるわけではない24時間の家庭劇には、家族の関係や歴史が刻みこまれ、そこに誰しもが自分の家族の姿を発見するだろう。

このページのトップへ
line

海街diary
(2015年 日本 128分 DCP ビスタ) pic 2015年11月21日から11月27日まで上映 ■監督・脚本・編集 是枝裕和
■原作 吉田秋生「海街diary」(小学館『月刊フラワーズ』連載)
■撮影 瀧本幹也
■美術 三ツ松けいこ
■衣裳デザイン 伊藤佐智子
■音楽 菅野よう子

■出演 綾瀬はるか/長澤まさみ/夏帆/広瀬すず/加瀬亮/鈴木亮平/池田貴史/坂口健太郎/前田旺志郎/キムラ緑子/樹木希林/リリー・フランキー/風吹ジュン/堤真一/大竹しのぶ

■第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門正式出品/第63回サンセバスチャン国際映画祭観客賞受賞

父が死んで、鎌倉の家に、
腹違いの妹がやってきました――。

picまぶしい光に包まれた夏の朝、鎌倉に住む三姉妹のもとに届いた父の訃報。十五年前、父は家族を捨て、その後、母も再婚して家を去った。父の葬儀で、三姉妹は腹違いの妹すずと出会う。三姉妹の父を奪ったすずの母は既に他界し、頼りない義母を支え気丈に振る舞う中学生のすずに、長女の幸は思わず声をかける。「鎌倉で一緒に暮らさない?」

しっかり者の幸と自由奔放な次女の佳乃は何かとぶつかり合い、三女の千佳はマイペース、そんな三姉妹の生活に、すずが加わった。季節の食卓を囲み、それぞれの悩みや喜びを分かち合っていく。しかし、祖母の七回忌に音信不通だった母が現れたことで、一見穏やかだった四姉妹の日常に、秘められた心のトゲが見え始める――。

海の見える街を舞台に、四姉妹が絆を紡いでいく。
深く心に響く、家族の物語。

原作は、吉田秋生のベストセラーコミック「海街diary」。四姉妹が織り成す清新でリアルな絆を描き、性別、世代を超えて高い人気を集めている。是枝裕和監督は、この作品をどうしても自分の手で、と熱望し映画化に挑んだ。

出演は、長女に綾瀬はるか、次女に長澤まさみ、三女に夏帆、異母妹の四女に広瀬すずという、今を咲き誇る女優たちが集まった。さらに、大竹しのぶ、堤真一、加瀬亮、風吹ジュン、リリー・フランキー、樹木希林と、日本を代表する豪華俳優陣による贅沢な共演が実現した。

このページのトップへ