フェイスブック
ツイッター
今週の混雑案内
english
top

今週お届けする作品は、『そこのみにて光輝く』『私の男』の二本立て。
北国の男と女が織り成す、ある愛の物語だ。

『そこのみにて光輝く』の舞台は、夏の函館。
達夫と千夏は、暗闇を生きていた。
達夫は、仕事もせず、酒とパチンコに明け暮れている。
過去に負った傷から逃れようと、苦しみ彷徨っていた。
そんな彼が出逢ったのは、人生も愛も、諦めていた千夏。
彼女は家族の為に、身も心もボロボロだった。

ここで描かれている彼らの人生は、底抜けに厳しい。
死ぬよりも、生きる方が苦しいとは、こんな状況のことなのかもしれない。
世界三大夜景などの有名な観光名所を持ちながら、
市街地から一歩外れると、ガラリとしている街、函館。
そんな外れた町の、そのまた外れた海辺のバラックで二人は出逢い、
失いかけていた愛を取り戻す。
それまでは、誰にも打ち明けられなかった心の叫び、
誰かに理解してもらおうなんて、思ってもいなかった苦悩を解放した瞬間、
喜びを越えた感動が押し寄せてくる。
相手を信じ、自分を信じ、人を愛することのできる彼らは、とても魅力的だ。

一方『私の男』の舞台は、冬の紋別。
淳悟と花は、孤独を生きていた。
震災で家族を失った少女・花。幼くして家族の死を目の当たりにする。
彼女を引き取った遠縁の男・淳悟。彼もまた、若いころに両親を亡くし、孤独だった。
「俺は、お前のもんだ。」淳悟は言う。
愛を知らない二人の間には、大きく歪んだ愛のようなものが生まれていた。
「あれは私の全部だ。」と花は言う。
父と娘から、男と女へ。そして、二人は罪を犯してしまう。

オホーツク海に面し、冬には流氷がやってくる、紋別。
3月までは、平均気温がマイナスを記録するような、とにかく寒い土地である。
この寒い土地の片隅で、たった二人で寄り添い生きてきた淳悟と花は、
本能に侵されているのかのように、相手を求める。
他は誰もいらない、何も欲しくないのだ。
この二人の愛の形は、赦されるものではないかもしれない。
だけど、私の目には、なぜか魅力的に映ってしまった。
曲がった道を、それでも彼らなりに真直ぐ突き進む姿は、
何が正しくて、どこが間違いなのか、判断を鈍らせる。
一心に愛を求める姿を、美しいと思ってしまった。

この二つの物語を観て、私はある哲学者の言葉を思い出した。
成熟した愛は「あなたを愛している。だからあなたが必要」と言い、
未熟な愛は「あなたが必要。だからあなたを愛す」と言うというものだ。
似ているようで、正反対の愛の物語。
男と女の行く末は、愛の形によって決まるのかもしれない。

(もっさ)

そこのみにて光輝く
(2014年 日本 120分 DCP R15+ シネスコ) pic 2014年11月8日から11月14日まで上映 ■監督 呉美保
■原作 佐藤泰志「そこのみにて光輝く」(河出書房新社刊)
■製作 永田守
■企画・製作 菅原和博
■脚本 高田亮
■撮影 近藤龍人
■照明 藤井勇
■音楽 田中拓人

■出演 綾野剛/池脇千鶴/菅田将暉/高橋和也/火野正平/伊佐山ひろ子/田村泰二郎

■第38回モントリオール世界映画祭【ワールド・コンペティション部門】最優秀監督賞受賞/第87回アカデミー賞外国語映画賞部門日本代表作品

■オフィシャルサイト http://hikarikagayaku.jp/

男は彷徨っていた、生きる場所を探して
女は諦めていた、生きる場所を探すことに

佐藤達夫は、ある出来事がきっかけに仕事を辞め、目的もなく毎日を過ごしていた。ある日、パチンコ屋で人なつこい青年・大城拓児と知り合う。使い捨てライターをあげたお礼に飯を食わしてやると、達夫を家へと案内する拓児。海辺には時代から取り残されたような一軒のバラックがあった。そこで達夫は拓児の姉・千夏と出会う。

互いに心惹かれ、二人は距離を縮めていくが、千夏は家族を支えるため、達夫の想像以上に苛酷な日常を生きていた。それでも、千夏への一途な愛を貫こうとする達夫。彼のまっすぐな想いに揺れ動かされる千夏。千夏の魂にふれたことから、達夫の現実が静かに色づきはじめ、達夫は失いかけていたこの世界への希求を取り戻していくが――。

モントリオール世界映画祭最優秀監督賞受賞!
函館の短い夏を舞台に紡ぎ出す、
運命の出逢いと家族の物語

何度も芥川賞候補に挙げられながらも賞に恵まれず、41歳で自ら命を絶った不遇の作家・佐藤泰志。「海炭市叙景」に続く、唯一の長編小説にして最高傑作と言われる「そこのみにて光輝く」が、発刊から24年を経て待望の映画化。監督は『オカンの嫁入り』で新藤兼人賞を受賞し、高い評価を得てきた呉美保。これまでの二作で見せてきたアットホームな筆致から一転、ざらついた絆の行方を素手で掴まえる硬質な映像文体で、まったく新しい境地に達している。

主演は綾野剛。これまでにも増してソリッドで、けれども儚げな「ゆらぎ」のある存在感で、ひとりの女を愛しぬく主人公・達夫のインナーワールドを豊かに体現。ヒロイン、千夏には池脇千鶴。情感あふれる演技で、さらに一歩踏み込んだ“女の芯”をかたちにしている。千夏の弟、拓児に菅田将暉。そして、高橋和也、火野正平、伊勢山ひろ子、田村泰二郎という芸達者が脇を固め、慈しみのある作品世界の奥行きをさらに拡げている。本作は第38回モントリオール世界映画祭のワールド・コンペティション部門で最優秀監督賞を輝き、さらに第87回アカデミー賞外国語映画賞部門の日本代表作品に決定している。

このページのトップへ
line

私の男
(2013年 日本 129分 DCP R15+ シネスコ) pic 2014年11月8日から11月14日まで上映 ■監督 熊切和嘉
■原作 桜庭一樹「私の男」(文藝春秋刊)
■脚本 宇治田隆史
■撮影 近藤龍人
■照明 藤井勇
■音楽 ジム・オルーク

■出演 浅野忠信/二階堂ふみ/モロ師岡/河井青葉/山田望叶/三浦誠己/三浦貴大/広岡由里子/安藤玉恵/吉村実子/高良健吾/藤竜也

■第36回モスクワ国際映画祭最優秀作品賞・最優秀男優賞(浅野忠信)

■オフィシャルサイト http://watashi-no-otoko.com/

誰にも、言えない
流氷で起きた殺人事件
解き明かされるふたりの秘密――

pic10歳で孤児となった少女・花。彼女を引き取ることになった遠縁の男・淳悟。孤独だったふたりは、北海道紋別の田舎町で寄り添うように暮らしていた。

6年後。冬のオホーツク海、流氷の上で殺人事件が起こる。暗い北の海から逃げるように出ていく淳悟と花は、互いに深い喪失と、ふたりだけの濃厚な秘密を抱えていた…。

モスクワ国際映画祭グランプリ&最優秀男優賞受賞!
圧倒的な映像美で魅せる禁断の愛と官能
世界を挑発する、濃密で美しい衝撃作

pic2008年に直木賞を受賞した桜庭一樹によるベストセラー小説「私の男」。その刺激的なテーマと極限的な舞台設定から、映像化不可能と言われてきた本作の映画化が遂に実現した。監督は『海炭市叙景』『夏の終り』など、人間の心の機微を美しい映像に乗せて深く描いてきた熊切和喜。本作の映画化を阻んできた流氷上での撮影を、スタッフらとアイディアを駆使し、抜群のチームワークで撮り上げた。北海道の壮大な風景を舞台に描かれる、家族を知らない男と孤独な少女の16年にわたるこの物語は、第36回モスクワ国際映画祭で最優秀作品賞を受賞した。

pic憂いと影を帯びながらも、どこか優雅な男・淳悟を演じるのは浅野忠信。“自分にしかできない役”との意気込みで淳悟の16年間を体現し、モスクワ映画祭で作品賞と共に最優秀男優賞に輝いた。淳悟に引き取られる少女・花は二階堂ふみが演じ、10代とは思えない妖艶さで体当たりの演技を披露している。さらに、藤竜也、高良健吾ら豪華俳優陣が、ふたりの関係に影響を及ぼすキーパーソンとして、物語に奥行と深みを与えている。

このページのトップへ