toppic

さあ皆さま、お待ちかねのボリウッド特集です!

ハリウッドを超えて世界一の映画製作本数を誇る映画大国・インド。映画産業の中心地ボンベイ(現ムンバイ)とハリウッドを掛け合わせて「ボリウッド」、またはなんでも一つに混ぜ込んだ味付けから「マサラ・ムービー」とも呼ばれる作品群は、インド国民のみならず世界中のファンを虜にしています。最近はヒット作の公開が日本でも相次ぎ、空前のブームを巻き起こしましたよね。

ちょっと待て、一体ボリウッドとはなんぞや!?
そんな方のために、ボリウッドの特徴をいくつか挙げてみましょう。

<1.長い!>
3時間超えはあたりまえ。爆発するエネルギーで攻めて、攻めて、攻めまくります!

<2.あらゆる映画の魅力を1本に凝縮!>
悲しみ・怒り・喜び・感動・ドキドキ・ワクワク・ハラハラ・恋愛・アクション・家族・友情・戦い・復讐…映画の面白い要素はぜーんぶ、1本の映画に丸ごと投入! ボリウッドを1本観れば、普通の映画5本分くらい大大大満足してしまうこと請け合いです。

<3.突然歌って踊るミュージカルに様変わり!>
主役のみならず、大勢の人が一斉に踊りだすミュージカル・シーンはボリウッド最大の楽しみの一つ。振り付けや歌はもちろん、目まぐるしく変化する豪華絢爛な衣裳とセットも見逃せません。ちなみに、歌は俳優さんではなく、プロの歌手が歌っています。この俳優さんにはこの歌手、と決まっている場合もあるんだとか。

<4.美しすぎるヒーロー&ヒロインが織りなす勧善懲悪ストーリー!>
インド映画のストーリーは定番パターン+ハッピーエンドと、わかりやすいものが多いです。広大な他民族国家インドでは、様々な言語や宗教を越えて誰もが楽しめることが重要なんですね。普通ならあり得ない、「まっさかぁ〜」の展開も、ご愛嬌! どーんと構えて、物語に身を任せてしまいましょう。まるでアトラクションのようなエンターテインメント性こそが、ボリウッドの魅力です。

<5.とにかくドラマチックに!大げさに!>
一陣の風とスローモーション、そうそれは、ロマンチック・モードに突入の合図! うるんだ瞳からハートが飛び出し、唇は半開き、波打つ心臓の音が今にも聞えてきそう!? 俳優さんの表情や仕草も、とにかく大きく、ベタに、ドラマチックに。ちょっとやりすぎ?と思うくらいがボリウッド流。これが、癖になるんです!

そんなボリウッドも地域によって違いがあり、最近は海外の影響もあってか踊りが少ない/全くない映画も公開されるなど、様々な進化を遂げているそうです。早稲田松竹でご紹介するのは、ファンの方にも初心者の方にも自信を持っておすすめできる、選りすぐりの2本!

『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』は、“キング・オブ・ボリウッド”の異名を取るシャー・ルク・カーンと新星ディーピカー・パードゥコーン主演で贈る、壮大なラブ・ストーリー。歌も踊りもふんだんに楽しめるコッテコテのボリウッド作品です。女性監督のファラー・カーンは、原案・振付・脚本と自分で手掛けてしまう凄い人!

そしてもう1本の『きっと、うまくいく』。驚異的な面白さでインド歴代興行収入No.1の記録を打ち立て、日本でもリピーターが続出している大人気作です。主演は“ミスター・パーフェクト”アーミル・カーン(40歳にはとても見えない!)。ドラマ重視で踊りは少なめですが、親しみやすいポップな歌とカラフルな演出が目にも鮮やか。目覚しい発展を遂げたインドの今を垣間見られる社会性を含んだストーリーは、新しい時代の風を感じさせてくれます。

いかがですか? カレーをおかずにカレーを食べるような濃厚〜〜!な2本立て。
人を楽しませる魔法、ボリウッドの世界を、是非皆さまも体験してみてください!

(ザジ)

恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム
OM SHANTI OM
(2007年 インド 169分 dcp シネスコ) pic 2013年10月12日から10月18日まで上映
■監督・原案・振付・脚本 ファラー・カーン
■脚本 ムシュターク・シェイク
■撮影監督 V・マニカンダン
■美術 サーブ・シリル
■衣装デザイン マニーシュ・マルホートラー(ディーピカー担当)/カラン・ジョーハル(シャー・ルク担当)
■ダイアローグ マユール・プリー
■作曲 ヴィシャール=シェカール
■作詞 ジャーヴェード・アクタル

■出演 シャー・ルク・カーン/ディーピカー・パードゥコーン/アルジュン・ラームパール/シュレーヤス・タラプデー/キラン・ケール/ジャーヴェード・シェイク

■2008年アジア・フィルム・アワード最優秀作曲賞受賞/国際インド映画アカデミー賞最優秀衣装デザイン賞・最優秀メイクアップ賞・最優秀新人女優賞ほか3部門受賞4部門ノミネート ほか多数受賞・ノミネート

■オフィシャルサイト http://www.uplink.co.jp/oso/

何度生まれ変わっても、また君に恋をする。
豪華絢爛、ロマンチックで魅惑的な
輪廻・ミュージカル・エンターテインメント!

pic1977年、ボンベイ。脇役俳優の青年オームは、若き大人気女優シャンティに恋をする。ところが、シャンティは人知れず結婚し、妊娠までしていた。夫である売れっ子プロデューサーのムケーシュはシャンティを疎ましく思い始め、遂に殺意を抱く。ある日、ムケーシュから呼び出されたシャンティは罠にはまり、映画のセットと共に炎にまかれてしまう。彼女を助けようとしたオームもまた、命を落としてしまうのだった。

それから30年、インド映画界の頂点にひとりの大スターが君臨していた。その名はオーム──奇しくも、あの炎の惨劇の夜に生まれた男の子の成長した姿だった…。

キュート&セクシー! 美しき舞姫ディーピカーと、
“キング・オブ・ボリウッド”シャー・ルク・カーン主演!
もはや伝説となったボリウッド映画の最高峰!

pic年間映画製作本数1,000本以上という、ハリウッドも真っ青の世界一の映画大国、インド。神々が舞い降りたかのような美しい舞踊と音楽で多くの人々を魅了し、ボリウッドパワーを余すところなく伝える至高の傑作がやって来た。2007年にインドで興行成績トップとなった『恋する輪廻 オーム・シャンティ・オーム』は、国内外を問わず多くの映画ファンに深く愛されている大ヒット作。その理由は、映画業界を舞台にしたきらびやかな世界観と、めくるめくストーリーの面白さに尽きる。

pic主演は、国内外で絶大な人気を誇る“キング・オブ・ボリウッド”ことシャー・ルク・カーン。ヒロインは、本作でデビューを飾ったディーピカー・パードゥコーン。監督は、ボリウッドのトップ舞踊監督ファラー・カーン。本作でもゴージャスなソング&ダンスシーンを演出している。特に、映画賞授賞式直後のパーティーのシーンでは、シャー・ルクを囲んで新旧トップスター30人がゲスト出演して歌い踊るという、ギネス越え(!?)のスター顔合わせを実現させた。


このページのトップへ
line

きっと、うまくいく
3 IDIOTS
(2009年 インド 170分 dcp  シネスコ) pic 2013年10月12日から10月18日まで上映
■監督・脚本・編集 ラージクマール・ヒラニ
■製作・脚本 ヴィドゥ・ヴィノード・チョプラ
■脚本 アビジット・ジョシ
■撮影 C.K.ムラリーダラン
■編集 ランジート・バハドウル
■音楽 シャンタヌ・モイトラ/アトゥル・ラニンガ/サンジャイ・ワンドレカール

■出演 アーミル・カーン/カリーナ・カプール/R・マーダヴァン/シャルマン・ジョーシー/オーミ・ヴァイディア/ボーマン・イラニ

■2010年国際インド映画アカデミー賞史上最多16部門独占(最優秀助演男優賞・最優秀主演女優賞・最優秀監督賞など) ほか多数受賞・ノミネート

■オフィシャルサイト http://www.bollywood-4.com/

あなたの人生が光り輝くヒントがきっとある
大学時代の親友3人が織りなす、
至高の人生感動エンターテインメント

舞台は躍進するインドの未来を担うエリート軍団を輩出する、超難関理系大学ICE。未来のエンジニアを目指す若き天才が競い合うキャンパスで、型破りな自由人のランチョー、機械よりも動物が大好きなファラン、なんでも神頼みの苦学生ラージューの三バカトリオが、鬼学長を激怒させるハチャメチャ珍騒動を巻き起こす。彼らの合言葉は「きっと、うまくいく!!」

抱腹絶倒の学園コメディに見せかけつつ、行方不明になったランチョーを探すミステリー仕立ての“10年後”が同時進行。その根底に流れているのは、学歴競争が過熱するインドの教育問題に一石を投じて、真に今を生きることの素晴らしさを問いかける万国普遍のテーマなのだ。

全世界大ヒット! インド映画歴代興行収入No.1!
今年絶対観ておくべき最高傑作!
インドの歴史を塗り替えたボリウッドの奇跡!

picハリウッドを凌ぎ世界一の製作本数&観客動員数を誇る映画大国インドで、なんと歴代興行収入No.1、インドアカデミー賞では史上最多16部門独占の偉業を達成! さらに全世界興収75億円を叩き出し世界でリメイクが決定した、ボリウッドの最強ムービーがついに日本にやってきた。

主演は“ミスター・パーフェクト”の異名を取るボリウッドの大スター、アーミル・カーン。実際には40代半ばなのに、ハツラツとした若者にしか見えない素晴らしい名演技も必見ポイント。軽快なテンポで進む笑いありシリアスあり涙ありの物語と、やはりボリウッドには外せない作り込まれた歌とダンスシーンには大大大満足すること間違いなし。この1作を見れば、どうしてインドはここまで急成長し発展しているのかも非常によくわかる。 笑って泣いて心がほっこり温まる、世界中が感動した奇跡のインド映画が誕生!



このページのトップへ